CT,MRIは乳房腫瘤性病変の良悪性鑑別において勧められるか
その 2

MRIの乳癌に対する診断能は,メタアナリシスでは感度90%(52~100%),特異度72%(21~100%)であり,高い感度を示す一方で特異度は相対的に低く,ばらつきも大きい。ただし,これらの研究では対象患者,撮像方法,および診断基準はさまざまであり,MRIの特異度のばらつきの要因となっている。一方,撮像方法や診断基準を統一した多施設共同研究によるMRIの診断能は,マンモグラフィのBI-RADSカテゴリー4または5,あるいは臨床上または超音波検査上での異常所見により生検が考慮された患者に対し,感度は88.1%,特異度は67.7%,陽性反応適中度72.4%,陰性反応適中度85.4%であり,MRIの陽性反応適中度はマンモグラフィより高いが,生検を回避できるほどの陰性反応適中度ではないと報告されている。しかしながら,この多施設共同研究ではBI-RADS-MRIで分類されているような腫瘤性病変と非腫瘤性病変を区別した診断能の評価は行われていない。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

いつもクリック♪

ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

人生は時に

向かい風が吹く時があります。

何をやっても上手くいかない。

思ったように

相手に想いが伝わらない。

前へ進みたいのに

余りの風の強さに

引き戻される。

そんな時

あなたならどうしますか?

「今は時期じゃない。」

「仕方がない。」

「自分は運が悪い。」

と諦めてしまいますか?

そんなことはないですよね。

諦めて

前へ進むのをやめてしまうのか、

それとも

歯を食いしばりながら

じっと風が止むのを待つのか。

そこで

人生は分かれてくると思います。

ある日、ある瞬間に

風向きは突然変わります。

向かい風に

歯を食いしばって

耐え忍んでいると

ある日突然

目の前に光が差し

追い風が吹き始めます。

大切なのは

その一瞬が訪れることを

信じ抜くことが

出来るかどうかです。

多くの方は

向かい風が吹くと

諦めて後ろを向いて

しまいます。

あなたは

強い風が目の前から

吹いて来たとしても

決して諦めないで

くださいね。

あなたの可能性を信じ抜くこと、

それが一番

大切なんですからね。

,゜.:。+゜注目記事,゜.:。+゜

☆ 懐かしいメロディー

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372583

☆ 明日も笑顔でいるために

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372582

☆ あなたに感謝です。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372581

☆ ぐるぐるぐるぐる。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372580

☆ くすぐったいね。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372579

☆ 暖かいメッセージ(お華坊さまより)

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372578

☆ お待たせしました。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372577


乳がん無料小冊子プレゼント