CT,MRIは乳房腫瘤性病変の良悪性鑑別において勧められるか
その 2

MRIによる乳腺疾患の良悪性鑑別において病変の形態評価と血流動態の評価の組み合わせは重要であるが,腫瘤性病変と非腫瘤性病変では異なった評価を行う必要がある。非腫瘤性病変では良性疾患と同様の血流動態を示す非浸潤性乳管癌や浸潤性小葉癌が含まれるため,血流動態の評価が鑑別診断に有用なことは稀である。一方,腫瘤性病変では浸潤癌と線維腺腫のような良性充実性腫瘤が鑑別診断の対象となり,形態や血流動態の評価は良悪性鑑別に有用である。BI-RADS-MRIに基づき腫瘤性病変の評価を行った単一施設の研究では,感度99%,特異度89%,陽性反応適中度96%,陰性反応適中度98%と高い診断能が報告されている

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

いつもクリック♪

ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

自分のスタイルは

なかなか崩せないのです。

自分の趣味、

自分の好きなこと、

やりたいこと、

嫌いなこと、

やりたくないこと、

着たいお洋服、

好きな食べ物まで。

ひとそれぞれに

スタイルがあります。

くせのない方は

ゼロです。

みんな色々なくせがあります。

でも、そんなそれぞれの

譲れないスタイルの中で、

みんな最高の輝きを

持っています。

でも残念なことに

お互いに、一旦

悪いところに目を向けてしまうと、

ひとの悪いところは

際限なく見えてきてしまいます。

たくさん良いところが

あっても、

一つ気になるところを

見つけると

次々と気になってしまうのです。

良いところだけを見つめて

気になるところは

できるだけ目をつぶって

いることも大事です。

完璧なひとなどいません。

だから、相手に

完璧を求めてもいけません。

大切な仲間を見つけたら

お互いに足りないところを

補い合えば良いのです。

完璧と言えば、

ある患者様が

おっしゃっていました。

いつも完璧な先生の

普段着がみたい。

オールバック以外の髪型をみたい。

残念ながら・・

スーツも

オールバックも

普段のありのままの姿です。

家に戻っても

ベッドに入る直前まで

スーツを着て

オールバックで

いつでも臨戦態勢です。

自分スタイルは

なかなか崩せませんね。

かなりの頑固者です。

これぐらい頑固でないと

患者様は守れません・・・

なんてね。

だけど、頑固に

あなたを守ってくれる

ドクターを見つけること、

それが大切な事なのです。

,゜.:。+゜注目記事,゜.:。+゜

☆ 懐かしいメロディー

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372583

☆ 明日も笑顔でいるために

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372582

☆ あなたに感謝です。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372581

☆ ぐるぐるぐるぐる。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372580

☆ くすぐったいね。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372579

☆ 暖かいメッセージ(お華坊さまより)

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372578

☆ お待たせしました。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372577


乳がん無料小冊子プレゼント