CT,MRIは乳房腫瘤性病変の良悪性鑑別において勧められるか
その 4

しかしながら実際の臨床の場では,ほとんどの腫瘤性病変はマンモグラフィや超音波によって同定されるため,腫瘤性病変の良悪性鑑別に関してはこれらのイメージガイド下生検が行われており,MRIが腫瘤性病変の良悪性鑑別の適応となることはほとんどない。ただし超音波で病変が不明瞭でイメージガイド下生検が困難な場合や画像と病理の結果が一致せず,確定診断が得られない場合においては,腫瘤性病変に対し高い陰性反応適中度を示すMRIを行うことにより外科的生検などの侵襲的な検査を回避できる可能性がある。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

いつもクリック♪

ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

いつも

子供たちには

明るい未来を

見せてあげたい。

そう思っています。

外来には

ママと一緒に

たくさんの

子供たちが訪れます。

生まれたばかりの

赤ちゃんや

よちよち歩きの

男の子、女の子。

ママが大好きな小学生や

ちょっと反抗期の

中学生。

そんな子供たちからみて

自分はどんな風に

映っているのかな?

日々、

子供たちに

恥ずかしくない自分で

ありたいと

思っています。

「先生は、ママやパパを

 大切にしてくれなかった。」

「いつも

 こわい先生だった。」

「病院はきらい。」

そんな想いを

子供たちのこころに

残してはいけないのです。

ママが病院で

苦しんでいる姿は

子供たちの未来に

影を落とします。

ママが、もしつらくても

頑張って前向きに

笑顔で病院に通えれば

子供たちの心に

明るい光を

ともすことが出来ます。

ママの苦痛を

とって差し上げること。

ママの病気を

治すお手伝いをすること。

私たち医療者の

今の態度や治療が

10年後の医療に

影響を及ぼします。

例えば、

中学3年生。

医者を目指していたならば、

4年後に医学部入学、

10年後に医学部卒業です。

そのときの医師としての

原動力は、

今のママに対する思いです。

ママの病気、

ママの生き方、

ママから受けた愛情、

ママの頑張り、

ママの涙、

そして

ママの笑顔。

そんなママを支えてきたパパ、

そして

医療者たちの姿。

すべてが

日本の医療を

変えていくのです。

私たち医療者は

その責任を感じながら

毎日を過ごさなければ

なりません。

「もっと自覚を持たなくちゃ。」

私はいつも

自分を叱咤激励します。

あなたの笑顔を

これからもずっと守りたい。

そして

あなたのお子様の笑顔も

これからもずっとずっと

守っていきたい、

そう思っています。

☆ 懐かしいメロディー

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372583

☆ 明日も笑顔でいるために

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372582

☆ あなたに感謝です。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372581

☆ ぐるぐるぐるぐる。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372580

☆ くすぐったいね。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372579

☆ 暖かいメッセージ(お華坊さまより)

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372578

☆ お待たせしました。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372577


追伸:
そんな活動のひとつです。

ママと一緒に君もどうぞ(*^_^*)
→ http://e-skillup.biz/ribbon/



乳がん無料小冊子プレゼント