CT,MRIは乳房腫瘤性病変の良悪性鑑別において勧められるか
その 6

しかしながら,粘液腫様線維腺腫に代表されるように造影早期に強く濃染する良性疾患がある一方で,早期濃染に乏しい非浸潤性乳管癌などの悪性腫瘍もあるため,早期相での増強効果のみでの良悪性鑑別診断は困難と考えられる。したがって,CTが乳腺腫瘤性病変の鑑別診断に有用であるとする根拠は十分ではない。また,この研究では,X線被曝の低減を目的として低線量撮影を行っているが,64列MDCTにて後期相を病変にしぼって撮影した場合でも12.3mGyと通常の2方向マンモグラフィの約3倍の吸収線量があり,全乳房を対象として撮影した場合は16.4mGyとさらに増加している。このようにCTでは血流動態の評価のために多時相撮像を行うとX線被曝が増加するという短所もあり,乳腺腫瘤性病変の良悪性鑑別のためにCTを施行することは推奨できない。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

いつもクリック♪

ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

時間の使い方は

人それぞれです。

退屈な時間を

ひたすら通り過ぎるのを

待つ人生がいいのか。

あるいは、

どんどん自分の

やりたいこと、

やるべきことを

見つけていって、

「時間が足りない。」

と言いながらも

笑顔で充実した時間を

過ごしていくのか。

一体どちらの人生の方が

幸せなのでしょうか。

実は答えはありません。

人それぞれに

答えが用意されているのです。

例えば、

私が密かに大好きな

釣りバカ日誌の浜ちゃんにとっては

退屈な時間は会社の時間。

でも一旦釣りを始めると

いくら時間があっても足りません。

そしてその好きな時間の

過ごし方によって

実は会社にとって

重大な危険を回避したり、

社長に新たなアイデアを

思い起こさせたり

かなり重要な役目を

果たしているのです。

さらに

人の肩書きや形式にとらわれない

そんな情熱的な浜ちゃんの生き方が

人を魅了するのです。

みんな限られた人生の時間。

退屈なことは

出来るだけ避けて

通らなければ

いけません。

あるいは

退屈なことも

自分の大切な活動の

延長線上に考えて

楽しいことに

変えてしまうのも

ひとつの方法です。

そうやって

あなたが情熱を

注げることに

全力を尽くすことが

あなたの人生を充実させる

秘訣です。

あなたも一つでも多く、

一刻も早く、

大好きなことを見つけて

退屈から卒業しませんか?

☆ 懐かしいメロディー

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372583

☆ 明日も笑顔でいるために

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372582

☆ あなたに感謝です。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372581

☆ ぐるぐるぐるぐる。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372580

☆ くすぐったいね。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372579

☆ 暖かいメッセージ(お華坊さまより)

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372578

☆ お待たせしました。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372577


乳がん無料小冊子プレゼント