超音波による乳癌検診は勧められるか
その 2

高リスク女性を対象として超音波検診の診断能力の検証と,診断技術の標準化を主な目的とした多施設共同試験(ACRIN 6666)が施行された。マンモグラフィに超音波検査を加えることにより検出された乳癌の増加分は1,000例に対して95%CI(信頼区間):1.1-7.2と算出された。検出された乳癌41例のうち9例は超音波のみで検出された。このように検出乳癌が増加し,精度管理された方法であることは注目に値する。しかし偽陽性の増加,特異度の低下,高リスク女性に限定されたトライアルであること,参加者数が少ないこと(2,809例),システムがかなりわが国と異なることなどから,超音波検査を対策型検診に導入する根拠としてこの結果のみでは不十分である。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

いつもクリック♪

ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

患者様のこぼれ落ちる涙が

私の活動の原点です。

悲しみ、

うらみ、

自己嫌悪、

悔しさ、

様々な気持ちの

入り混じった涙。

新しいスタートを切るために

とても大切なこと。

それは思いっきり

感情をあらわにすることです。

私の大切なお友達に

臨床心理士の方が

いらっしゃいます。

その方が

こんなお話を

してくださいました。

「良い患者」と

「悪い患者」の

お話です。

「良い患者」とは

どんな方でしょうか?

「悪い患者」って

どんな方でしょうか?

あなたは

お分かりになりますか?

「良い患者」

それはいつも笑顔で、

医者やスタッフの言う通りに行動し

模範的な患者様です。

一方、

「悪い患者」とは

どんな方でしょうか?

自分の感情をあらわにして

先生のいうことも聞かず

スタッフにも

自分の感情をぶつけ

医療者にクレーマーと

言われてしまう患者様です。

「良い患者」と言われる皆様は

一見ストレスが無いと考えられて

しまいます。

でも実際は

「良い患者」の方が

たくさんの我慢をして

たくさんのストレスを

抱えているのだそうです。

臨床心理士さまならではの

暖かい目線ですね。

あなたは

「良い患者」ですか?

それとも

「悪い患者」ですか?

別に、無理はしなくて

いいんです。

時には

感情をむきだしにして

泣いたり笑ったり、

それが一番人間らしい。

それが一番

あなたらしい。

すべて

受け止めて

差し上げますからね。

,゜.:。+゜注目記事,゜.:。+゜

☆ 懐かしいメロディー

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372583

☆ 明日も笑顔でいるために

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372582

☆ あなたに感謝です。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372581

☆ ぐるぐるぐるぐる。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372580

☆ くすぐったいね。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372579

☆ 暖かいメッセージ(お華坊さまより)

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372578

☆ お待たせしました。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372577


乳がん無料小冊子プレゼント