超音波検査におけるエラストグラフィは腫瘤の良悪性の鑑別に際して勧められるか
その 1

最近の超音波診断装置の新技術において,tissue elasticity imaging(エラストグラフィ,ひずみ像)は最も特筆するものであり,急速に普及しており,乳房超音波診断ガイドラインにも動的検査(dynamic test)およびエラストグラフィとして臨床的有用性の記載がある(本文中ではこの技術を総称して「エラストグラフィ」と称する。また,マンモグラフィ検診の普及とともに,微小病変の段階で検出され乳癌が疑われる腫瘤性病変が増えている。その多くは良性病変であるが,通常のBモード超音波検査で鑑別できない病変では,次の検査として細胞診,針生検,吸引式組織生検(VAB),切開生検などが選択される。今回,エラストグラフィをBモード超音波検査に併用することで,良悪性鑑別精度が向上し,不要な生検例が減り得るかどうか検討した。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

いつもクリック♪

ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

少しだけ日常の診療から離れると

様々な出会いや気づきがあります。

新幹線や飛行機の

乗務員の方の笑顔や

すべてのお客様に対する

ご奉仕の姿勢。

あらゆるニーズに

応えようと努力する

ひたむきな対応。

ちょっとした乗務員さんの

表情の変化で

私たちの快適な旅が

不安な旅へと変化して

しまいます。

それを解消してくれるのは

乗務員さんの笑顔です。

同じように、

不安と隣り合わせの患者様の

気持ちが安定するためには

医療者の優しさと笑顔が重要です。

デパートに

お出かけしたときに

笑顔で対応してくれる

店員さんも素敵です。

以前女性スタッフから

こんなお話を

聞いたことがあります。

いつも最高のおもてなしを

してくださる

ジュエリーショップの店員さん。

偶然に街中でお会いした時に

「こんにちは。」って

ご挨拶をしたら

プイッと横を向いて

行ってしまったそうです。

もちろん色々なご事情も

おありのことと思います。

でもせっかく築き上げてきた

信頼や親密感が

一瞬に消滅したと

彼女はおっしゃっていました。

仕事は仕事。

その時間を過ぎれば

赤の他人。

それでは少し

寂しいな、

って

そのお話を聞いて思いました。

私たちが何かを購入するとき

製品の優秀さを

もちろん一番に考えます。

でも誰からそれを購入するかは

勧めてくださる店員さんが

どのように対応してくれるかも

大きいと思います。

親身になって丁寧に

あなたのことを考え

アドバイスをしてくださる方なら

何でも買ってあげたいって

思います。

一方、

一瞬でも冷たさを感じたり

事務的な対応をされたら

何にも買う気になりませんよね。

医療の世界も一緒です。

あなたが先生に

お話をしているときに

面倒くさそうにされたり

ちらちら時計を見るような

態度をとられれば

一瞬で冷めてしまうでしょう。

でもそれが

命を預ける人間を

見極める方法なのです。

最後の最後に

あなたを守ってくれる人かどうか、

それをきちんと

見極めてくださいね。

追伸:

作法家の三枝理枝子さまが

華麗な甘え上手に

なる方法を教えてくださいます。

これで、みんなはあなたの虜です。

詳しくは

こちらからどうぞ。

→ 秘密のセミナー


乳がん無料小冊子プレゼント