超音波検査におけるエラストグラフィは腫瘤の良悪性の鑑別に際して勧められるか
その 3

1996年には,より高速に精度良く組織の変位を検出するcombined autocorrelation methodが発表された。しかしながら,当時の信号処理技術においてはリアルタイムで画像を提供するには装置の演算能力が不十分であった。この問題に対してさらなるアルゴリズムの改良と十分な演算量を有する装置の開発が行われ,椎名らと日立メディコの共同研究の成果として2001年に組織弾性イメージング手法が商用化,「Real-time Tissue ElastographyTM」と命名され,やがて通常のルーチン検査の一環として違和感なく適用され得る構成となり,超音波による「エラストグラフィ」が世界に広まる先駆けとなった。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

いつもクリック♪

ありがとう(*^_^*)


人気ブログランキングへ

日が長いですね。

いつまでも明るいと

とっても得をした

気分になります。

子供の時にはこんな日は

まだまだいっぱい

お外で遊んでいましたよね。

大人も一緒。

今日は、

のんびりのんびり、

オープンカフェで

行き交う人々を眺めながら

夕闇が訪れるまで

ゆっくりコーヒーをいただきました。

とっても良かったです。

自分と向き合う時間。

あなたも上手に

見つけてくださいね。

私がいつも

元気でいられるのは

自分の内面と上手に

向き合っているからです。

何か大きな壁にぶつかった時でも

自分の気持ちに向き合い

何のために今

自分が存在しているのか

その原点を考えると

また歩き出すことができます。

小学校の時、

病気で足を引きずっていた女の子が

みんなにいじめられていた光景を

私は忘れたくないのです。

あの日、

乳がんでママを失った

男の子と女の子の

寂しい後ろ姿を

繰り返したくないのです。

誰にも

そんな原点があります。

あなたにもきっと。

毎日笑顔でいるために、

あなたも

自分の原点に向き合ってみて

くださいね。

何かにぶつかったとしても、

きっとまた

歩き出すことが

できますからね。

追伸:

壁を乗り越える勇気を

あなたにプレゼントしますね。

作法家の三枝理枝子さまからのお話を

楽しみにしてくださいね。

詳しくは

こちらからどうぞ。

→ 秘密のセミナー


乳がん無料小冊子プレゼント