あとむさまから

コメントをいただきました。

********************

いつも元気をもらっています。

有難うございます☆

実家の父、

80代前半です。

私が結婚して、

家を出てからは、

独り暮らしをしてきた父。

数年前から、

兄家族と同居しました。

本当なら、

若者家族とご飯を食べて、

元気でいてくれると

思うのですが。

だんだん、

ボケてきて、

痩せてきて。

独り暮らしも心配だけど、

悲しいなぁと思います。

独り暮らしも心配だから、

同居してくれた兄家族には

感謝なんですけども

でも、やっぱり悲しいです。

すみません、

こんなコメントで。

*********************


高橋です。

あとむさま。

コメントをありがとうございます。

お父様が

元気がなくなっていく姿は

なかなか

受け容れられないですよね。

頼もしかったお父さん。

力強かったお父さん。

大好きだったお父さん。

そんな

お父さんが

記憶があいまいに

なってしまったり

食事が

食べられなくなったり。

同居されている

お兄様ご夫婦の

ご負担も

大きいことでしょう。

外部の方が

お家の中に

入ることで

新たなお父様への

刺激になることもあります。

また

定期的に

往診医の訪問を

受けることで

認知症の早期発見や

栄養管理を

上手におこなうことが

できるのです。

介護保険を

利用したり

認知症の検査をしたり。

お父様が

元気でいられるように

できることは

たくさんあります。

まだまだ

諦めてはいけません。

あとむさまに

出来る事を

見つけて

行動してくださいね。

大切なおとうさまと

あとむさまを

これからも応援しています(*^_^*)


メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

がんの知識と

日々を強く生きていくための

メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan