それでは

閉経後乳がんの患者様に

手術前の

ホルモン治療をおこなうと

どのような効果が

得られるのでしょうか?


閉経後では

ホルモン受容体陽性

原発乳癌にたいして

術前内分泌療法によって

乳房温存率が改善するが

予後に関する報告はなく

術前内分泌療法の

効果と予後の関係は

あきらかではない。

現時点では

術前内分泌療法の

効果に基づいて

術後化学療法の必要性を

推定することはできない。

従って

閉経後であっても

予後改善の面からは

術前内分泌療法は

確立された治療法とは

いえない。


すっきりしないですね。

手術前に

ホルモン治療をおこなうと

乳房を残すことが

できるようになる。

でも

その治療が

命を長くしてくれるかどうか、

それは

まだ判明していません。

まだまだ

確定されていない治療は

たくさんあります。

しっかりと

確立された治療から

取り組んでいくのが

良いと思います(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan