乳癌の臨床的腫瘤径評価に超音波検査を行うことは勧められるか
その 2

ほとんどの論文で超音波検査は触診やマンモグラフィと比較して腫瘤径測定に有用であるとの結論を導いている。超音波検査がそのほかの手法に比較して有用性を示していない論文もあるが,腫瘤径が数cmを越えているものを対象としており,超音波の探触子が約4cm程度であることを考えると,それ以上の大きさの場合に正確性に欠けるものと考えられる。腫瘤径を3cm以下とそれ以上に分けた報告では,3cm以下の症例で特に超音波での測定腫瘤径と病理組織学的腫瘤径との相関が良好であったとされる。温存療法の対象となる範囲の腫瘤について超音波の有用性が指摘されているものと考えられる。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

ちょっと慌ただしい週末です。

救急患者様もたくさんいらっしゃいます。

中には緊急手術が必要な方も・・。

時にはそんなふうに

医療者にとって試練のような日があります。

例えば

メンバーが学会などで少ないのにもかかわらず

いつも以上に救急車が押し寄せてくることがあります。

緊急手術が終わった途端に

次の緊急手術が必要な患者様が

おいでになったりすることもあります。

でも、そんな時でも

弱い気持ちを出さずに

いつも通りに正しい判断をし、

患者様のつらいお気持ちや

不安な思いを解決していくのが

私たちの使命です。

時には

友人との約束や

外科全体でのイベント、

さらに勉強会などが

時間通りに始められなかったり、

中止になることもあります。

でも

命がかかっている患者様が

何よりも最優先されなければなりません。

患者様の命も守りながら、

自分にとっての大切なものも

守っていくことが

医師としての役割であると思っています。

あなたにこうして時間通りに

メッセージをお届けするのも

大切なあなたを守りたいからなのです。

目の前の患者様が大切。

いつもお会いするあなたが大切。

そして、

まだお会いしたことのないあなたが大切です。

あなたも是非

大切な方を最優先に

なさってくださいね。

,゜.:。+゜注目記事,゜.:。+゜

☆ 不安にさせてゴメンね。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372474

☆ 【最終確認】

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372473

☆ もうひとりの自分

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372472

☆ 【予告 あと2日です】

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372471

☆ 暗闇の中の光

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372470

☆ 満点ママ

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372469

追伸:

「あなたを助ける乳がんの基礎知識」7日間集中プログラム

および

乳がんの診断を受けたときにあなたの強い味方になる

「主治医への質問リスト」

はメルマガにご登録いただいた方すべてにプレゼントしています。



高橋メルマガ お申し込み
メールアドレス

正しいメールアドレスでないと、お届けできません。
また、迷惑メール設定などによりお届けできない場合があります。

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
クリック強化月間です!!
blogrank banar.gif
高橋の無料動画公開中です。
→→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11357349237.html

高橋の原点は→→ こちら

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ