抗がん剤を

手術前におこなったほうが

良いのか、

手術後におこなったほうが

良いのか、

議論がおこなわれています。


術前・術後の

化学療法の効果を

比較した

臨床試験の

メタアナリシスにより

術前化学療法は

術後化学療法と比較して

同等の生存率が得られ、

乳房全切除率の低下が

認められている。

ただし

この中には

化学療法後に

手術を省略した症例が

含まれており、

それに伴う

局所再発率の上昇が

確認された。

手術省略群を除くと

局所再発率の上昇は

認められない。


手術前に

抗がん剤をおこなうか、

手術後に

抗がん剤をおこなうかで、

命の長さに

違いはないとする

論文結果でした。

そしてもし、

手術前の抗がん剤治療で

病気が消えたように

見えても、

手術をきちんと

おこなって

病気の部分を切除して

おかなければ

その部分から再発してくる、

といった結果に

なっております。

この結果を踏まえて

あなたの

治療方針を

決めていけば良いのです。

ご参考に

なさってくださいね(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan