手術前には

どのような

抗がん剤治療を

おこなうべきなのでしょうか?


術前化学療法は

術後におこなうべき

化学療法のレジメンを

術前におこなうという

原則に基づくと

サブタイプや

進行度に応じて

AC、

AC→タキサン、

FEC→タキサン

等のレジメンが

用いられる。


レジメンとは

使用する薬剤や量、

そして順番や

投与時間などを

時系列で

記載した計画書です。

術前化学療法では

基本的には

手術後におこなうべき

抗がん剤を

手術前におこなうという

方針に

なっています。

手術前に

抗がん剤を

おこなうほうが良いのか、

手術後に

抗がん剤治療を

おこなうほうが良いのか、

そこに実は

差は無いと

報告されています。

それでは

一体

何を目指して

手術前に

抗がん剤治療を

おこなうのか。

そんなことも

考えながら

また明日も

ご一緒に勉強を

していきましょう(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan