いくつも用意しておきます。

心理社会的介入は乳癌患者に有用か
その1

乳癌患者は病気のあらゆる段階において,さまざまな心理社会的苦痛を受けることが報告されている。したがって,それらの苦痛を軽減する方法が長年にわたり試みられてきた。精神科的な薬物療法は有力な手段の一つであるが,心理社会的なサポート介入も期待されている。こうした心理社会的介入の有効性について,2008年版に引き続き,検証を行った。転移乳癌患者に対する心理社会的介入の効果は,心理的アウトカムの一部でしかなく,また持続期間も短期にとどまると結論付けられるため,推奨するための根拠は不十分であると判断した。また,原発乳癌患者対象の研究においても,効果は一部の指標で認められるものの,再現性に乏しく,評価指標の多重性の問題や対象症例数を考慮すると,エビデンスレベルの高いものは少数にとどまる。近年,介入方法として認知行動療法,リラクゼーション,ヨガ,瞑想,催眠などさまざまな方法が試みられ,ランダム化比較試験が報告されているが,いずれもエビデンスレベルは2bの論文であり,その後の追試等も行われていない。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

人生にはいくつかのシナリオがあります。

まだこれから何が起きるか分からない時のなかで、

突然の不幸や、突然の喜びが、ある瞬間に襲ってきます。

表向きの、

たったひとつのシナリオしか用意しなければ

ひとはパニックになります。

私は常にいくつものシナリオを用意しておきます。

この時にはこの道を行こう。

ここで、時間ができたらこれをしよう。

あの人に会えなければ、

次回もっと一緒に素敵な時間が過ごせるように

自分を磨いたり十分な準備をしよう。

様々な準備をしておきます。

さらには、

突然時間が作れた時のシナリオも、

10分単位で考えておきます。

人生は何があるか分かりません。

どんなチャンスがあるか分かりません。

私は今朝、

自分の今日のシナリオを

メールマガジンでお伝えいたしました。

これからも、

私の人生のシナリオを

メールマガジンからお伝えしていこうと

思っています。

ブログでは公開できないシナリオもございます。

今日はかなり順調に、

シナリオ通りに行動することができました。

さらには、突然作れた時間で、

ある方にお会いしてきました。

とても素敵な方とともに、

一瞬でしたがとても素敵な時間を

過ごすことができました。

アメブロでお写真をお届けいたしますね。
→→ 大切な方の記念日

  
メルマガでは
?橋より具体的なシナリオや
限定公開動画対談のお知らせも届きます。


高橋メルマガ お申し込み
メールアドレス

高橋の無料動画公開中です。
→→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11357349237.html

高橋の原点は→→ こちら

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


reportbanner.png

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ