心が弱るとそう思いますよね。

大豆,イソフラボンの摂取は乳癌発症リスクを減少させるか
その1

日本人の乳癌発症率は欧米の女性に比べ低く,その違いを説明する要因として欧米と日本の食習慣の違いが注目されてきた。このなかで,植物エストロゲンの一種であるイソフラボンに抗エストロゲン作用があることから,イソフラボンを多く含む豆腐や納豆,みそ汁などの大豆食品の摂取が乳癌の発症を減らす可能性が示唆されている。なお,イソフラボンはポリフェノールと総称される物質の一つで,植物成分のフラボノイド類に属し,その種類は1,000種類を超すが,活性をもつ代表的なイソフラボンとしてゲニスタイン,ダイゼインなどがある。ここでは,大豆食品,イソフラボンと乳癌発症リスクの関連について解説する。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

「ついつい家族には

 
 気持ちをぶつけてしまうんです。」

彼女は寂しそうに私に教えてくれました。

「いいんですよ。」

私は、いつもそうお答えします。

誰もがみんな病気と闘ったり、

お仕事を頑張ったり、

御家族のために一生懸命だったり。

でも、ずっと頑張ってると

気持ちが張り詰めてしまいます。

必ず誰か、

甘えられる人が必要です。

恋人、

家族、

両親、

先生、

医療スタッフ、

仲間たち。

甘えてしまう相手は、

誰でも良いと思います。

その時々で変わると思います。

中でも、

家族にはついつい甘えてしまいますよね。

娘さんや息子さん。

甘えてしまって当然です。

つらい時には、

つらい気持ちをぶつけてしまったり、

寂しい気持ちで不機嫌になったり。

でもそれは仕方がないと思います。

誰もが甘えられる場所を求めています。

誰にも甘えられなかったら、

気持ちがパンクしてしまいます。

どうぞ思う存分甘えてくださいね。

でもね、

時々でいいから、

たまーにでいいから、

「いつもごめんね。」

その一言で御家族は癒されるかもしれません。

みんな1人では生きていけません。

お互いに心が弱ってしまうときがあって当然です。

そんな時、

お互いを大切にしながらも

甘えてしまうことは信頼がないとできません。

そして甘えてしまったら、

時々感謝の気持ちを伝えたいですよね。

言葉で言いにくければ、

短いお手紙でもいい、メールでもいい。

「家族だから言葉はいらない。」

そんなことはありません。

気持ちを言葉にすることは、

とても大切なことです。

思いっきり甘えて、

思いっきり泣いて、

思いっきり怒って、

そして優しく微笑んで・・。

それですべてがうまくいきます。

毎朝のメルマガでも
人生を輝かせるコツが届きます。


高橋メルマガ お申し込み
メールアドレス

高橋の無料動画公開中です。
→→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11357349237.html

高橋の原点は→→ こちら

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


reportbanner.png

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ