次々と

新しい治療の検討が

なされています。


新規レジメンの有効性について

標準的な化学療法に

カペシタビン、

ゲムシタビン、

ベバシズマブ、

PARP阻害薬などの併用が

検討されている。

わが国では

CREATE-Xにおいて

pCRが得られなかった

症例に対する

カペシタビン追加の有用性

について検討され、

その結果が

待たれている。

また、

その他の

化学療法薬や

新規化学療法薬の

開発に関しては

新しいスタイルの

臨床試験の形態を

導入して

試みられている。


結論が

待たれている

研究は

たくさんあります。

現在

乳がんの治療を

受けている患者様にも

将来的にまた

新たな治療方法が

提案されることが

多々あります。

何年間

内服を続けたら良いのか。

再発してしまったときに

どのような治療方法が

追加されていくのか。

まだまだ

未知の研究結果が

待っています。

決して現状を

嘆くことなく

これからの研究結果を

待ちながら

目の前の治療を

しっかりと

お受けになってくださいね(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan