まあ、そうおっしゃらずに・・。

スタチンの服用は乳癌発症リスクを減少させるか
その1

スタチン(3-hydroxy-3-methylglutaryl CoA阻害薬)は,血清コレステロール値を低下させる薬剤として,近年,使用頻度が急速に増加している。一方,乳癌培養細胞やげっ歯類を用いた基礎的研究により,スタチンには乳癌の発症予防効果があることが示されている。そこで,EBMの手法に従ってスタチンの服用と乳癌発症リスクの関連性を検討した。 コホート研究6件では,5件でスタチン服用による乳癌発症リスクの減少は認められなかった。ただ,その中の大規模なコホート研究1件においては,強力な血清コレステロール低下効果をもつ疎水性スタチン服用者においてのみ,乳癌の相対リスクが0.82(95%CI:0.70-0.97,p=0.02)と低下したことが報告されている。スタチンによる有意な乳癌発症リスク減少効果が示されたのは,1件の小規模なコホート研究のみであり,リスク比は0.28(95%CI:0.09-0.86) であった。

ーwikipediaよりー
リスク比(相対危険度):疫学における指標の1つで、暴露群と非暴露群における疾病の頻度を比で表現したもの。相対危険度は暴露群の発生率を非暴露群の発生率で割ることにより求めることができ、暴露因子と疾病発生との関連の強さを示す指標となる。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

課題を与えられたら涼しい顔をして

解決していきたいと思っています。

課題は色々なところから

急に飛んできます。

生活における課題であったり、

仕事における課題であったり、

人生における課題であったり。

いずれにしても

楽しい課題ばかりではありません。

中には苦痛を伴う課題もあるでしょう。

でも、その苦痛も

乗り越えていくたびに

喜びに変わって行きます。

今は苦痛でも、

1年後、あるいは5年後、

もしくは10年後に理由が見つかることは

たくさんあります。

何にでもがむしゃらに取り組むと、

必ず将来の自分に必要な栄養になります。

一見、今の自分に関係ないことに

私は特に注意を払うようにしています。

なぜなら将来の自分のことなんて

誰にも分からないから。

でもあらゆる経験をしておくと

必ずいつか活かせる日がくるから。

今週も課題がたくさんあります。

全部自分に必要なことだと信じて

頑張ろうと思います。

あなたも是非自分の課題を

涼しい顔で解決していってくださいね。

ももいろリボンプロジェクト。
私の人生をかけたプロジェクトです。
→→ 先着50名様です!

,゜.:。+゜注目記事,゜.:。+゜

☆ 主治医への挑戦状

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372361

☆ 突然鳴り響く電話のベル

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372360

☆ そんなの関係ないね!

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372359

☆ アウトかセーフか!?

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372358

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
クリック強化月間です!!
blogrank banar.gif
もしなにかお困りのときは
メルマガに御登録して御相談くださいね。


高橋メルマガ お申し込み
メールアドレス

高橋の無料動画公開中です。
→→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11357349237.html

高橋の原点は→→ こちら

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ