目を反らすかも・・。

遺伝性乳癌と遺伝子検査,遺伝カウンセリング
その4

未発症者においても遺伝的な乳癌発症リスクが高い可能性が憂慮される場合には,その人の血縁者の癌発症状況が表(昨日掲載)の項目について評価を行う。1つ以上の項目に該当する場合には,その家系を詳細な評価の対象とするためにいったん拾いあげる。次に,拾いあげた人々に対して専門家による詳細な評価(二次詳細評価)を行い,可能性が高いと判断した場合には,遺伝子検査や検診サーベイランスなどについて,既発症者,未発症者を含めた個人やその血縁者と話し合う。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

そろそろ来年の抱負について

考えておかなければいけませんね。

あなたは考えていますか?

来年の抱負。

今日は緩和ケアチームのカンファランスで、

みんなの想いを私にぶつけていただきました。

私がリーダーをさせていただいている緩和ケアチームは

今年、さらに活性化してきました。

ひとりひとりのメンバーが

それぞれの意見をしっかりと仲間たちに

伝えられるようになってきました。

ひとと違う意見でも、

恥ずかしくないという自信を持つことが

出来るようになりました。

積極的に参加してくれるメンバーも

徐々に増えてきました。

今日は来年に向けて

たくさんの課題が見つかりました。

それらを1つずつ、

来年は実現していきたいと思います。

緩和ケアは最期の治療ではないのです。

あなたの前に

ある日緩和ケアチームが登場します。

でも私たちはこわい存在ではありません。

目が合っても大丈夫です。

目が合ったら最期ではないのです。

どちらかというと、

目が合ったその瞬間に

あなたの笑顔の時間が始まります。

私は、乳がん検診伝道師として活動していますが、

またある時は、緩和ケア伝道師になります。

みんなが、

「見捨てられた!」

と思うのが緩和ケア。

医者の中にも、

「あなたにはもう治療はない。

 緩和ケアへ行きなさい!」

そんな誤解をしている方もいます。

みんな勉強不足。

そして、

私たち緩和ケアチームの広報不足、

普及活動の努力不足です。

本当は、

あなたを守るのが緩和ケア。

あなたを支えるのが緩和ケア。

あなたを笑顔にするのが緩和ケア。

なのです。

緩和ケアの誤解の中で、

たくさんの患者様が苦しんでいます。

十分な痛み止めをもらえず、

毎日泣いている方がいらっしゃいます。

冷たい言葉を医療者から

浴びせられている女性たちがいらっしゃいます。

私にできることは一体なんだろう。

来年するべきことはどれぐらいあるだろう。

来年の抱負。

また今度、お伝えしますね。

あなたの抱負も決まったら、教えてくださいね。

,゜.:。+゜注目記事,゜.:。+゜

☆ 失われた記憶

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372389

☆ 高貴なあなたへ贈る花

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372388

☆ 一流のサービス

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372387

☆ 新幹線で行ったり来たり!

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372386

☆ 充実の一日に感謝

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372385

メルマガご登録の皆様へは、
乳がんの様々な疑問に対する答えを
セミナー動画でお伝えしています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


高橋メルマガ お申し込み
メールアドレス

ももいろリボンプロジェクト。
あなたの人生を輝かせるプロジェクトのDVDです。
→→ 先着50名様特典付きです!

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
クリック強化月間です!!
blogrank banar.gif
高橋の無料動画公開中です。
→→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11357349237.html

高橋の原点は→→ こちら

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ