おかしなこと言い始めたよ。

免疫組織化学的方法によるホルモン受容体の判定はどのように行えばよいか
その6

2.IHC法における判定方法 
しかし,陽性とは内分泌療法の適応を考慮できるという意味であり,例えば,陽性細胞の占有率が1~10%で染色強度も弱い症例についてはリスクとベネフィットのバランスに基づいて適応を決めるべきだとしている。カットオフだけに着目すると,日本乳癌学会研究班とASCO/CAPガイドラインは異なる基準を推奨しているようにみえる。しかし,乳癌内分泌療法の適応に関して考察されている内容は類似しており,両者は矛盾なく整合しているとと捉えるべきである。なお,ザンクトガレンコンセンサス会議では,2005年以降,内分泌反応性が3つのカテゴリーに分類されている。3つのカテゴリーとは,①内分泌非感受性:ER・PgRいずれもまったく発現していないもの,②内分泌高感受性:ER・PgR両方が50%以上の癌細胞で高度に発現しているもの,③内分泌不完全感受性:非感受性・高感受性どちらにも当てはまらないものである。したがって,ザンクトガレンコンセンサス会議における陽性と陰性のカットオフはany positive cell,不完全感受性と高感受性のカットオフは50%である。この値を採用した根拠についての明確な記載はない。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

私の外来で欠かせないキーワードは「こんにゃく」です。

以前、このブログで

「ほんやくこんにゃく」についてお伝えしたこともあります。

→→ 宇宙人とわたし

「こんにゃくってなに?」

そう思った方も多いと思います。

「こんにゃくダイエット」ってあるでしょ?

要するに、

こんにゃくを食べると満腹中枢だけ満たして、

カロリーにはならないのです。

それを利用して、

身体を飢餓状態にして栄養不足にしてダイエットするというものが

「こんにゃくダイエット」です。

がんに対しても、

このこんにゃく理論が大変有効です。

例えば、乳がんの栄養素は女性ホルモンです。

女性ホルモンがたっぷりの状態では、がんが増殖を続けてしまいます。

そこで、

栄養がある女性ホルモンの形をしたホルモン治療薬を内服していただくのです。

すると、乳がん細胞は

栄養たっぷりと思って一生懸命こんにゃくを食べます。

いっぱい食べて満足満足!

そう思って油断していると、

全く栄養にならずに

毎日毎日ノンカロリーのこんにゃくを食べているうちに

がん細胞は餓死して死んでしまいます。

これがホルモン治療の理論です。

あなたはこんにゃくがこわいですか?

こんにゃくはあなたの味方です。

ホルモン治療を極端に

こわがりすぎる必要はありません。

少し肩の力を抜いてお考えになって大丈夫です。

最後に今日は、とっても気になっている動画をお伝えします。

どうしてもあなたにご紹介したくて・・。

Facebookから流れてきました。

愛の連鎖についてゆっくり考えてみましょうね。

→→ 動画はこちらから

,゜.:。+゜注目記事,゜.:。+゜

☆ 大切な仲間。

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372394

☆ 笑ってはいけない

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372393

☆ こんにゃくをどうぞ!

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372392

☆ 晴れやかな朝のひととき

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372391

☆ 正解はどっち?

→ http://blog.smile-again.net/?eid=1372390

メルマガご登録の皆様へは、
乳がんの様々な疑問に対する答えを
セミナー動画でお伝えしています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


高橋メルマガ お申し込み
メールアドレス

ももいろリボンプロジェクト。
あなたの人生を輝かせるプロジェクトのDVDです。
→→ 先着50名様特典付きです!

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
クリック強化月間です!!
blogrank banar.gif
高橋の無料動画公開中です。
→→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11357349237.html

高橋の原点は→→ こちら

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ