何とか避けたいですね。

内分泌療法の適応決定に際してホルモン受容体の検索は勧められるか
その1

ホルモン受容体とは,エストロゲン受容体(estrogen receptor;ER)とプロゲステロン受容体(progesterone receptor;PgR)の2つを指す。原発乳癌の約2/3はER陽性である。PgRはエストロゲン-ER複合体により遺伝子発現が調節される蛋白の一つであり,PgRの存在は同調節機構が正常に機能していることを示している。一般に,内分泌療法はER陽性進行乳癌の約50%に再発抑制効果があると報告されている。また,ER陽性/PgR陽性乳癌は,ER陽性/PgR陰性乳癌より,ER陰性/PgR陽性乳癌は,ER陰性/PgR陰性乳癌よりも内分泌療法に対する反応性が高いことも知られている。現行では,これらホルモン受容体の発現は病理組織標本を用いた免疫組織化学的方法により検索されている。

”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

高橋です。

応援クリックしていただけると嬉しいです↓
⇒ 今何位?<人気ブログランキング>

セレブママ診断アプリをつくりました。
お楽しみくださいね。

→ セレブママ診断

ちょっとした言葉のすれ違いで、

相手の気持ちが分からなくなることって

ありますよね。

本当は心と心で向き合って

じっくりお話すれば大丈夫なことも

お互いに言葉が少なかったり

変に遠慮をすると

気持ちがすれ違ってしまいます。

言葉のすれ違いが心のすれ違いに繋がってしまうのです。

これは医療者と患者様で頻繁に起こることです。

私は患者様に、

主治医の先生と積極的にコミュニケーションをとることを

お勧めしています。

もし先生が一方的にお話をさえぎるようなときに

患者様はどのように不安を解決すれば良いのか、

誰も教えてくれません。

私は少しでも

医療者と患者様のすれ違いを

無くしていきたいと思っています。

そのための秘訣を

メールマガジンでもお伝えしています。

次回のセミナーでも

コミュニケーションのコツについて

お伝えしていきたいと思います。

次回のセミナーの詳細は

メールマガジンで先行発表をいたします。

→ メルマガお申し込み

現在大流行中!
ノロウィルスの注意事項もご覧ください。

→ ノロウィルス

  
メルマガご登録の皆様へは、
乳がんの様々な疑問に対する答えを
セミナー動画でお伝えしています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


高橋メルマガ お申し込み
メールアドレス

ももいろリボンプロジェクト。
あなたの人生を輝かせるプロジェクトのDVDです。
→→ 先着50名様特典付きです!

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
クリック強化月間です!!
blogrank banar.gif
高橋の無料動画公開中です。
→→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11357349237.html

高橋の原点は→→ こちら

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ