今日は

葉状腫瘍の

手術方法について

考えていきますね。


164例の

葉状腫瘍切除症例の

後ろ向きの検討によると

18.9%に局所再発がみられ

断端陽性と腫瘍径が

局所再発の

リスク因子であった。

手術は

断端陰性となるように

すべきである。

172例の

後ろ向きの検討では

多変量解析にて

切除断端陽性は

約4倍の

再発リスク因子であった。


葉状腫瘍は

手術後に約2割の方で

きずの近くに

再発してしまうと

いうことですね。

もちろん

その腫瘍が

良性か悪性かで

再発率は

変わってきます。

再発を予防するために

まずは

しこりをしっかりと

取り残しがないように

切除することが

大切なのです。

それでは

取り残しがなく

取り切るためには

どうすれば良いのでしょうか。

明日は

取り残しをしないための

方法について、

また

良性、悪性かによって

再発率が

変わってくるかについて

ご一緒に考えていきますね(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan