たまには余裕を。

ホルモン受容体陽性原発乳癌に対して術前内分泌療法は勧められるか
その3

(3)タモキシフェンとアロマターゼ阻害薬との比較
タモキシフェンまたはレトロゾール(2.5mg)による4カ月間術前治療の二重盲検ランダム化比較試験(n=324)では,レトロゾールで有意に奏効率が高く(60% vs 41%),乳房温存率も高かった(48% vs 36%)。レトロゾールとタモキシフェンの奏効率の差はHER1またはHER2陽性例で大きかった(88% vs 21%)。3カ月間のタモキシフェンあるいはアナストロゾール(1mg)または両者併用術前治療の二重盲検ランダム化比較試験(IMPACT,n=330)10)では,3群で奏効率(36%,37%,39%)と乳房温存率に差を認めなかったが,HER2陽性(n=34)においてはアナストロゾールの奏効率が高い傾向にあった(58% vs 22%)。タモキシフェンまたはアナストロゾール(1mg)3カ月間術前治療の二重盲検ランダム化比較試験(PROACT,n=451)では,奏効率はそれぞれ35.4%,39.5%と有意差はなかった。以上より,術前内分泌療法として,レトロゾールはタモキシフェンより奏効率が高く,アナストロゾールはタモキシフェンとほぼ同等である。術前内分泌療法の期間に関しては,3カ月で効果を評価し,腫瘍が縮小あるいは不変であれば6カ月まで続けるべきであるという意見が多いものの,一定の見解は得られていない。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

 もしかして、

 今日から連休じゃないですか!?

 手術待機当番だとしても、

 やっぱり何となく

 こころにゆとりの気持ちが

 満たされます。

 呼ばれれば、

 すぐに病院にかけつけて

 緊急手術をおこなう体制は

 変わりないのですけれども。

 こころの余裕って大切ですよね。

 ばねは伸びきっては

 使い物になりません。

 余裕を持って

 縮んでいる時期があるからこそ

 思い切って飛び上がることが

 出来るんです。

 いつもこころの中に

 ばねを意識してみましょう。

 今は伸びきって

 もう限界の時期かな、とか

 今は縮んで、

 これから思い切って

 飛び出せる準備状態かな、とか。

 そういう自分に対する

 客観的な評価も必要です。

 あなたのばねは、

 伸びきっていませんか?

 メルマガご登録の皆様へは
 毎朝、心からのメッセージをさしあげています↓↓


reportbanner.png

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ