宣言した!

妊娠期乳癌に対して化学療法は勧められるか
その1

妊娠期乳癌は比較的稀ではあるが,その頻度は出産年齢の高齢化により増加傾向にある。日本・欧米での症例対照研究の結果によると,妊娠期乳癌は進行癌で発見される例が多く,5年および10年生存率は対照群に比べ予後不良であると報告されているが,病期別に考えれば,妊娠期乳癌の予後が特別悪いわけではない。本項では妊娠期乳癌患者に対して化学療法を行うことが母体・胎児に対してどのような影響を及ぼすかを文献的に考察した。化学療法が施行された時の自然流産,胎児の死亡および先天異常のリスクは,器官形成期である妊娠前期(first trimester,~4カ月)において特に高いことが複数のレビューにより報告されており,この時期の化学療法は行うべきではない。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

 人生においては

 優先順位の決定が何より重要だと思います。

 本を読んだり

 音楽を聞いたり

 コンサートやショーをみに行ったり。

 お仕事したり、

 お友達と楽しく過ごしたり、

 誰かの喜ぶような活動をしたり。

 今自分が何をするべきか、

 毎日優先順位を決めながら

 私たちは生きています。

 あなたは優先順位を

 どうやって決めていますか?

 私はいつも自分の夢を叶えるための

 最短コースをイメージします。

 どの道を登っていけば

 ゴールにまっすぐにたどり着けるのか。

 それを考えます。

 途中経過は出来るだけショートカットし

 一番乗りで夢へ近づく方法を考えます。

 その夢を一人では実現出来ないときは、

 仲間の力を借りれば良いのです。

 困った時に助けてくれる仲間たち。

 それが本当の仲間です。

 あなたも素敵な仲間を

 見つけにきませんか?

輝く女性のためのセミナー」で

 あなたをお待ちしています!!
 →→ 特典を今すぐ手に入れる!

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


reportbanner.png

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ