ぐっと心が近づく。

妊娠期乳癌に対して化学療法は勧められるか
その3

現在,妊娠期乳癌患者に対して最も頻用されているレジメンは,ACまたはFAC療法である。単アーム前向き臨床試験(n=57)の結果によると,FAC療法を妊娠中期・後期に施行することにより先天異常などの胎児への短期的な有害事象は増加しなかった。エピルビシンを投与した患者で胎児の死亡が報告されていることから,妊娠期乳癌患者においてはドキソルビシンがエピルビシンより好ましいと考えられる。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

 乳がん検診受診率100%の日本を目指して

 日々活動しています。

 今日は、学校の先生から

 感謝のメッセージをいただきました。

「先生のブログから勇気をいただいて、

 子供たちと握手が出来るようになりました。

 子供たちは最初恥ずかしがっていましたが、

「先生の手、軟らかくてあったかい。」

 そうみんなで言ってくれて

 今まで以上に心が通い合うことができました。

 ありがとうございます。」

 こんな嬉しいメッセージをいただきました。

 日々感じたことを私は

 ブログに書き綴っています。

 ずっと自分の想いを書き続けていますので

 毎日ご覧の皆様には

 私の生き方も見えてきます。

 私の人生において、

 使命だと思っていること。

 それは、

 女性の皆様をあらゆる危険から守ること。

 病気なんかに負けてほしくないこと。

 もちろん、乳がんも早期発見して治して差し上げたい。

 そう思って毎日を生きています。

 あなたが勇気を持って

 学生さまたちと握手をしたお話。

 私も勇気をいただきました。

 どんな形でもいい。

 誰かのお役に立てているのであれば嬉しい。

 そう思います。

 私も参加するセミナーへの皆様のご参加

 お待ちしております。

 直接高橋の生き方を見に来てくださいね。

 
輝く女性のためのセミナー」で

 あなたをお待ちしています!!
 →→ 特典を今すぐ手に入れる!

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


reportbanner.png

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ