当直明けにつき。

閉経後ホルモン補充療法は乳癌発症リスクを増加させるか
その1

(1)プロゲスチン併用補充療法(combined hormone replacement therapy;CHRT)
CHRTについての大規模ランダム化比較試験では,CHRTで乳癌発症リスクが増加する(RR:1.25,95%CI:1.07-1.46)という報告と,増加しない(RR:1.27,95%CI:0.84-1.94)という報告があるが,後者は本来乳癌発症リスクを検証する研究ではないため,乳癌の発生数が少ない。メタアナリシスや,コホート研究でもリスクは増加すると報告されている。CHRTで乳癌発症リスクが増加するという結果を報告したランダム化比較試験の後も,コホート研究でCHRTによるリスクの増加が報告されている。以上により,CHRTは乳癌発症の相対リスクを1.2~1.4程度増加させるという報告がほとんどで一貫性が認められる。よってCHRTは乳癌発症リスクを増加させることは確実とした。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

 乳がん検診受診率100%の日本を目指して

 日々活動しています。

 おかげさまで無事に終了いたしました。

 第一回ももいろリボンプロジェクトセミナー。

 約30名の皆様にお越し頂き

 大盛況のうちに幕を閉じました。

 終了後、暗くなってから

 目の前の山下公園では花火大会が開催され

 第一回のセミナーに花を添えてくれました。

 昨日は当直でしたので、

 ちょっとこのまま意識を失いそうなので

 また詳細は明日御報告いたしますね。

 ご参加いただいた皆様

 どうもありがとうございました。

 また御報告申し上げます。

 とにかく皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

 ありがとうございました。

高橋の原点は→→ こちら

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


reportbanner.png

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ