最近

良く耳にする

神経障害性疼痛。

乳がん術後の痛みも

そのひとつです。


乳房切除後疼痛症候群は

肋間上腕神経障害が

関与する慢性疼痛として

神経障害性疼痛の

一つとして

位置づけられている。

神経障害性疼痛には

国際疼痛学会で

推奨されている

治療指針が存在する。

しかし

神経障害性疼痛の

発生機序と臨床症状は多様で

診断や治療効果の

客観的評価を

統一することが難しい。


神経障害性疼痛は

治療方針は

明確に

定められています。

しかし実際に

その治療の効果があるのかは

患者様が決定します。

まずは

神経障害性疼痛の

治療方針について

お伝えしますね(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan