上手にね(*^_^*)

BRCA1あるいはBRCA2遺伝子変異をもつ女性に対するリスク軽減乳房切除は有効か
その5

日本においては,明らかな病変のない組織を予防的に切除する手術のコンセンサスや社会的体制が十分に整えられていない。しかし,RRM(両側のリスク軽減乳房切除:risk reducing mastectomy;RRM)による乳癌発症リスク減少が明らかとなり乳房再建術が一般化した今日では,これらのデータや状況を十分に説明し,RRMを選択肢として提示することは避けられない状況である。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

無理やり脳を勘違いさせることは大切です。

余りにも悲しい思い出があると、

ひとはなかなか立ち直れません。

なぜ自分だけがそのような目に

合わなければいけないのか。

自分の人生は不幸の連続である。

これからもきっと悲しいことが

続いていくに違いない。

自分は生きている価値がないのだろうか。

そんな風にとっても悲しい方向に

気持ちが向かってしまうこともあるでしょう。

でも、脳に残った記憶や悲しい感情は、

とても抽象的なものです。

その上に新しい、元気で美しいイメージを

重ねることができれば、

脳は少しずつ勘違いを始めてくれます。

その思い出は、

実はもう少し違った見方ができるのではないか。

その思い出があるおかげで、

今の自分があるのだ。

つらい思いを乗り越えてきたからこそ、

今の輝きがあるのだから、感謝しよう。

そういう方向に持って行くことは、

実はとても簡単なのです。

今、我慢していること、

諦めていること、

中断していること、

などを思い切って始めてみましょう。

そしてそれが一つづつ実を結んでいくと、

自信がついてきます。

自信がつけば、過去の思い出にも、

感謝できるようになります。

気にもとめなくなります。

だから、今ほんとに自分がやりたいことを、

ゆっくり考えてみませんか。

そしてゆっくりあなたの脳を勘違いさせてしまいましょうね。

毎朝8時にメルマガでもあなたへヒントをお届けしています。


高橋メルマガ お申し込み
メールアドレス

 
 
高橋の原点は→→ こちら

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


reportbanner.png

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ