そうなりますように。

BRCA1あるいはBRCA2遺伝子変異をもつ女性に対する予防的内分泌療法は有効か
その1

BRCA1あるいはBRCA2遺伝子変異を持つ女性における生涯の乳癌発症率は約80%と高率である。よって,BRCA1あるいはBRCA2遺伝子変異のあることが明らかとなった女性に対する有効な予防方法の確立は重要な課題である。乳癌は乳房内の上皮細胞が女性ホルモンの強い影響を受け癌化するため,女性ホルモンと拮抗する内分泌療法剤により予防すること(化学予防)が検討されてきた。予防的内分泌療法の有用性を検討した。乳癌の化学予防についてタモキシフェンの効果をみた二重盲検のランダム化比較試験が4件報告されている。また,ラロキシフェンによる乳癌の発症予防効果も報告されている。これらのランダム化比較試験はすべて化学予防効果を容認する報告ではあるが,対象はさまざまで,BRCA1あるいはBRCA2遺伝子変異陽性女性に対する化学予防の効果を主要評価項目とした試験ではない。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

お悩みの個人面談では、

必ず笑顔になれるヒントをプレゼントしています。

今抱えている問題点の本質は何か。

解決方法の手がかりは何か。

そのために今すぐ行うべきポイントは何か。

そういった一つずつの段階を

少しずつ切り崩していきます。

一人で抱えている問題は、

誰かに打ち明けてみると

些細なことで解決できる場合があります。

それはもちろん、

医療者でなくても出来ることがほとんどです。

私が個人面談の際に心がけていることは

医者としてではなく

ひとりの人間としてまずお悩みを受け止めることです。

その中で、

医師としての立場で解決できるポイントを

医師としてお答えします。

そして、それ以外のポイントについては

人として、家族のひとりとして、男として、

解決できることに分けてお答えします。

問題点を大きな視野で捉えて、

それを細かく分析し、

ひとつずつに答えを出していく。

それはまずは一人でも出来ることです。

自分の悩みの本質を見つけること。

それがお悩み解決の第一歩です。

挑戦してみてくださいね。

御病気や先生との人間関係のお悩み解決のヒントを

一緒に見つけられたら嬉しいです!

→→ 問題解決の第一歩はこちら

毎朝8時にメルマガでもあなたへ解決のヒントをお届けしています。


高橋メルマガ お申し込み
メールアドレス

 
 
高橋の原点は→→ こちら

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


reportbanner.png

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ