神経障害性疼痛の

治療薬には

いくつかの種類があります。


神経障害性疼痛には

1.抗うつ薬

2.抗けいれん薬

3.局所麻酔薬

4.オピオイド

がその

第一選択薬として

挙げられる。

上記薬剤は

神経障害性疼痛の中でも

診断が比較的容易な

有痛性糖尿病性ニューロパシー、

帯状疱疹後神経痛、

三叉神経痛に対する

臨床試験の結果から

導かれているものが

主である。


神経障害性疼痛も

様々な病気によって

引き起こされる

可能性があります。

神経の痛みは

ご本人にしか

分からないことが多く

どれぐらい

つらい思いを

しているかによって

治療の追加を

適宜おこなっていきます。

大切なのは

がまんしないこと。

思っていることは

きちんと

主治医の先生に

伝えることが

大事です(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan