わくわく。

BRCA1あるいはBRCA2遺伝子変異をもつ女性に対するリスク軽減卵巣卵管切除術は有効か
その1

BRCA1あるいはBRCA2遺伝子変異をもつ女性における生涯の乳癌発症率は約80%と高率である。よって,BRCA1あるいはBRCA2遺伝子変異が明らかとなった女性に対して,有効な予防方法を確立することは重要な課題である。乳癌は乳房内の上皮細胞が女性ホルモンの強い影響を受け癌化するため,外科的内分泌療法であるリスク軽減卵巣卵管切除(risk reducing salpingo-oophorectomy;RRSO)による乳癌発症リスクの減少が期待できる。RRSOの予防手段としての有用性を検討した。BRCA1もしくはBRCA2の遺伝子変異を有する女性551人を,個人の希望によりRRSOを行った259人と行わなかった非切除群292人に分けて前向きに最低8年間観察した結果,対照群の乳癌発症率は42.3%であったのに対しRRSO群では21.2%と,RRSOによる乳癌発症率の減少は53%(HR:0.47,95%CI:0.29-0.77)であった。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

今週一週間は徹底的に疑問にお答えします。

神奈川乳がん治療研究会

質問のお答え担当の一週間です。

皆様色々な不安を抱えていらっしゃいます。

ちょっとのぞいてみてくださいね。

それにしても、先生によって

質問に対するお答えの方法が

全く違いますよね。

濃厚な方。

あっさりした方。

短くても適確な方。

特徴が皆様たくさんあって

とっても面白いですから

みてみてね。

高橋のお答えは

まだまだこれからです。

皆様とはひと味、違いますからね。

おたのしみに~~。

毎朝8時にメルマガでもあなたへ笑顔をお届けしています。


高橋メルマガ お申し込み
メールアドレス

 
 
高橋の原点は→→ こちら

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


reportbanner.png

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ