突然ですが御報告です。

運動は乳癌発症リスクを減少させるか
その1

身体活動性と疾病との疫学研究では,大きく職業,家庭,交通手段,余暇のおのおのにおける身体活動性を調査対象とすることが多い。また,身体活動の程度の指標としてはMetabolic equivalents(METs)がよく使用されている。METsとは安静時に対する運動時の消費エネルギーの比であり,身体活動の強度と時間により規定される。例えば,時間あたりのMETs値はウォーキングで3~5,水泳で4~8,ジョギングで7~12に相当する。身体活動性と乳癌発症との関連に関しては,World Cancer Research Fund(WCRF)とAmerican Institute for Cancer Research(AICR)が共同で作成した「Food, Nutrition, Physical Activity and the Prevention of Cancer:a Global Perspective」第2版のExpert reportに,これまでのコホート研究,症例対照研究のシステマティック・レビューとメタアナリシスが報告されている。以下,Expert reportのメタアナリシスの結果を中心に解説する。Expert reportによると,閉経状況を特定しない対象群での,余暇の運動と乳癌発症リスクに関する症例対照研究は6件あり,うち5件で有意なリスクの減少が報告されている。これらのメタアナリシスの結果,週に7METsの運動(週に1時間程度のジョギングに相当)を余暇に行う女性の相対リスクは0.90(95%CI:0.88-0.93)であった。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

「先生のiPhone新しくないですか?」

患者様に見つかっちゃいました。

iPhone5が手に入ったことを。

「先生、並んだんですか?」

「スピードが速いんでしょ?」

「軽いんでしょ?」

御質問は続きます。

皆様、よくご存じです。

もちろん私が並ぶことはできませんので、

オンラインショップでの予約をしました。

街中のアップルストアやソフトバンクショップなどで

行列を作って並んでいたり、

オンラインショップも一時パンクして

予約できない状況が続いていました。

しかし、私がふと

「予約しよう!」

って思ってホームページを開くと

一度で接続に成功し、

一度で予約が完了しました。

そして発売翌日には手元に郵送されてきました。

そういう運は昔からとても私は強いです。

もちろんそれは思い込みかもしれません。

本当に望むものを手に入れるためには

誰よりも先に行動することが大事です。

みんなが動き出してから行動しよう。

もう少し様子を見よう。

それではあなたの運が

逃げていってしまいます。

チャンスは一度だけのことも

あります。

あなたも是非

チャンスをつかんでくださいね。

セミナーまで残りあと3日(残席わずか)
言葉や声の大切さを一緒に勉強しませんか?

→→  はい。勉強する!

 
高橋のフルパワーの無料動画緊急公開中です。
→→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11357349237.html

毎朝8時のメルマガもこころを込めてお届けしています。


高橋メルマガ お申し込み
メールアドレス

 
 
高橋の原点は→→ こちら

 

 高橋のホンネが聞けるメルマガへご登録はこちら!
 明日、特別なメッセージをお送りします。↓↓


reportbanner.png

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ