楽しくそして注意深く。

閉経前ホルモン受容体陽性
転移・再発乳癌に対して
内分泌療法は勧められるか
 a.一次内分泌治療 その1

推奨グレードA(強く勧める)

閉経前ホルモン受容体陽性
転移・再発乳癌に対して,
内分泌療法未治療および
術後治療終了後
時間が経過している場合,
再発一次内分泌療法として
LH-RHアゴニストと
タモキシフェンの併用が
強く勧められる。

内分泌療法抵抗性を測るうえで,
明確な基準はないものの,
多くの臨床試験では
以下のように
定義されていることが多い。

術後内分泌療法中あるいは
内分泌療法終了後12カ月以内
の場合は,
術後内分泌療法抵抗性と考えられ,
再発後の内分泌治療は
術後内分泌療法と異なるものを行う。

術後内分泌療法終了後12カ月を
超えて経過していれば,
術後内分泌療法抵抗性ではないと
考えられ,未治療と同等に扱う。

つまり術後内分泌療法で
使用した薬剤の再使用も許容される。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

乳がん検診伝道師の
外科医 高橋保正です。

昨日は

一人でも多くの方に

メッセージをお届けしたくて

フェイスブックとブログを

連動してみました。

数時間でしたが反響をいただきました。

「びっくりした~。」

「私の写真がいきなり~。」

などなど。

私の願いは

たくさんあります。

一人でも多くの女性を

乳がんから守りたい。

そのために

一人でも多くの女性に

正しい乳がんに関する情報を

お届けしたい。

その方法として、

沢山の仲間たちの

お力添えをいただけたら、

って考えています。

日本の

フェイスブック登録者数は

1,000万人を超えています。

しかし、

日本の人口から比較すると

現時点でまだ数パーセントです。

数年後には

日本における

フェイスブックへの登録率は

急増していく可能性があります。

Facebookとブログの連動。

そこに何かが見えて来そうです。

あなたとともに、

日本を変えていきたい。

患者様と医師との関係を

変えていきたい。

もっともっと

日本の医療を

良くしていきたい。

そんなふうに

考えています。

さあ、

またフェイスブックとブログを

連動させますよ。

いいですか?

いつもご訪問いただいている
あなたを心より応援しています。

 
クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

★お知らせ
ブログやホームページを
すでにお持ちの皆様が
たくさんいらっしゃると
思います。

小さな一歩の皆様もいれば、
たくさんのファンをお持ちの
皆様もいらっしゃると思います。

少しずつ私のメルマガでも
皆様をご紹介しています。

もし
闘病生活をブログで
綴られている方や、

女性の美や健康に関する
ブログを開設されている
皆様。

御一緒に、
乳がん検診の大切さを
世の中に伝えていきませんか?

「ももいろリボンプロジェクト」

→→ http://momoiroribbon.com/
まだ、
出来たてのプロジェクトです。

皆様からの御意見を
お待ちしております。

ひとりで
思い詰めてちゃいけません。

あなたの想いは
みんなで共有して
広めていきましょう。

★私が不安なあなたをサポートします。

ただいま乳癌検診の疑問にお答えする無料小冊子プレゼント中です。

ブログ4周年記念プレゼントはこちらから!

→→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/report01.htm

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ