一年に一度ぐらいあります。

原発乳癌に対して
アンスラサイクリンを
含まない
術後化学療法は
勧められるか
その2

14,000人を対象としたEBCTCGのメタアナリシスによれば,アンスラサイクリンを含む多剤併用化学療法は,年間乳癌死亡率を50歳未満の女性で38%,50~59歳の女性で20%減少させる。アンスラサイクリンを含むレジメンは,CMFと比較して再発の相対リスクを11%,乳癌死亡の相対リスクを16%改善し,CMFに比べ5年死亡率で約3%,10年死亡率で約4%優れていた。アンスラサイクリンを含む治療では,特にFACやFECなどの3剤治療のCMFに対する優位性が示されている。一方,個々の治療の比較では,リンパ節転移陽性および陰性を対象とした試験において,いずれもACとCMFが同等との報告がある。さらにCMFはhigh dose EC(HEC,エピルビシン100mg/m2+シクロホスファミド830mg/m2)と同等であるが,中等度用量のEC(エピルビシン60mg/m2+シクロホスファミド500mg/m2)はHECに劣っていたとの報告4)もある。したがって,アンスラサイクリンを含まないCMFも,後述の理由により特にHER2陰性乳癌では,標準治療の一つと考えられる。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

 今日はこんなお知らせを

 外来でお待ちの患者様に

 お渡ししました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 高橋は今日

 ノドの調子が悪く

 おしゃべりできませんが、

 不機嫌なわけでは

 ありませんので

 お許しくださいね(#^.^#)

 いつもより目と目で会話する

 形になりますので、

 目力を十分に入れて

 お待ちくださいませ。

 体調の悪さが

 皆様に移るといけませんので

 短時間の外来時間になる事も

 お許しくださいね。

 昨日は病院のお引越しでした。

 ちょっと高橋も

 張り切りすぎたかもしれませんね。

 皆様も体調には

 十分にお気をつけくださいね。

 頑張りすぎたら、

 きちんとお休みして

 ご自身にご褒美もお忘れなく。

 次回は高橋もペラペラ

 おしゃべりいたしますので、

 楽しみにお待ちくださいね。

 いつもありがとうございます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 実物はこちら
 →→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11266327091.htm

l  
 今日はのどの調子が悪く、

 引っ越しの影響や体調の悪化なのか

 声がまったく

 出なくなってしまったのです。

 自分でもびっくり。

 今夜になって

 すこしだるさもでてきました。

 今日は早めにお休みして

 明日は元気いっぱいに戻ると

 思います。

 医者なのにダメですね。

 お許しくださいませ。

 あなたはお元気ですか?

 今、

 あなたに起こっている出来事の

 解決の糸口が見つからないあなた、

 心配がたくさんあるあなたは、

 こちらのお問い合わせからどうぞ。

 →→ http://blog.smile-again.net/soudan

 さらに毎日

 有意義な人生の送り方を

 メルマガでも

 お伝えしています。

 ご登録は無料です。
→→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/report01.htm

 いつも頑張ってるあなたの

 健康と安全をお祈りし、

 そして応援しています。

クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ