患者様からのひとこと。

閉経前ホルモン受容体陽性転移・再発乳癌に対して内分泌療法は勧められるか b.二次以降の内分泌治療
その1

推奨グレードB(勧められる)
閉経前ホルモン受容体陽性転移・再発乳癌の二次以降の治療として,LH-RHアゴニストとアロマターゼ阻害薬の併用(保険適応外)あるいは酢酸メドロキシプロゲステロン(MPA)が勧められる。

一次内分泌療法にタモキシフェン使用後の二次内分泌療法は,卵巣機能抑制または一次内分泌療法に推奨されている卵巣機能抑制+タモキシフェンであり,一次内分泌療法に卵巣機能抑制を行った場合は卵巣機能抑制+タモキシフェンが推奨される。一次内分泌療法にLH-RHアゴニスト+タモキシフェン使用後の二次内分泌療法は,LH-RHアゴニスト+アロマターゼ阻害薬もオプションの一つと考えられる。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

 患者様からの

 暖かいひとことが

 身に染みます。

「先生が倒れたら、

 誰が患者を守るんですか?

 みんなのために

 ゆっくり休んでください。」

 医療者も時には、

 色々な意味で患者様と同じ立場に

 身を置くのが良いと私は思います。

 ここ数日、

 採血をしたり

 レントゲンをとったり、

 お薬を飲んだり

 しています。

 その立場にならないと

 分からない痛みやつらさを感じる

 良い機会だと

 受け止めています。

 今週は少し

 ゆっくりさせていただいて

 今週末からは

 また元気に外来をおこないますね。

 ご心配されませんように。

 メルマガやブログが

 途絶えることが

 皆様をより心配させて

 しまいますので、

 きちんと

 更新していきますからね。

 あなたの笑顔が

 私の一番のしあわせなんです。

 そんなあなたから

 また、暖かいお言葉を

 頂戴いたしました。

 こちらからどうぞ→→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11269725356.html

 今、

 あなたに起こっている出来事の

 解決の糸口が見つからないあなた、

 心配がたくさんあるあなたは、

 こちらのお問い合わせからどうぞ。

 →→ http://blog.smile-again.net/soudan

 さらに毎日

 有意義な人生の送り方を

 メルマガでも

 お伝えしています。

 ご登録は無料です。
 毎日お届けしますね。
→→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/report01.htm

 いつも頑張ってるあなたの

 健康と安全をお祈りし、

 そして応援しています。

クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ