あと20%。

閉経前ホルモン受容体陽性転移・再発乳癌に対して内分泌療法は勧められるか b.二次以降の内分泌治療
その2

酢酸メドロキシプロゲステロン(MPA)については,閉経前転移・再発乳癌に対する一次内分泌療法としての卵巣機能抑制とMPAのランダム化比較試験(n=40)の中で卵巣機能抑制後増悪した症例に対して二次内分泌療法としてMPAを使用した場合の効果を検討しており,10人のうち6人に奏効を得ている。ただし,MPAは血栓症や体重増加などの有害事象の面から上記の内分泌療法施行後の使用が推奨される。転移・再発乳癌における内分泌療法では,一次内分泌療法で効果が得られた症例に対しては二次内分泌療法を行うことが推奨されている。また,NCCNガイドライン(2011年第2版)やUpToDate 18.3では,二次以降の治療として卵巣機能抑制とともに閉経後転移・再発乳癌に使用する薬(アロマターゼ阻害薬やMPAなど)との併用を推奨している。さらに,二次内分泌療法で治療効果が得られた場合は,生命に危険が及ぶ転移がなければ三次内分泌療法を行う。この三次治療で使用する内分泌治療薬は,一次,二次治療で用いられていない薬を選択する。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

「床ずれができそうです(*^_^*)」

 久しぶりにぐっすりと

 長時間休むことができました。

 もう大丈夫です。

 週末の外来、

 そして来週からの治療の患者様も

 たくさん待っていらっしゃいます。

 今まで以上にパワフルに

 生まれ変わります。

 今月は特に、

 新病院での手術を

 お待ちになっている患者様も

 たくさんいらっしゃいます。

 あなたのために

 全力を尽くせるように

 今は体力を回復させています。

 間もなく100%に充電完了します。

 もうしばらくお待ち下さいね。

 今、

 あなたに起こっている出来事の

 解決の糸口が見つからないあなた、

 心配がたくさんあるあなたは、

 こちらのお問い合わせからどうぞ。

 →→ http://blog.smile-again.net/soudan

 さらに毎日

 有意義な人生の送り方を

 メルマガでも

 お伝えしています。

 ご登録は無料です。
 毎日お届けしますね。
→→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/report01.htm

 いつも頑張ってるあなたの

 健康と安全をお祈りし、

 そして応援しています。

クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ