これからの時代は…。

原発乳癌に対する術後薬物療法として,経口フッ化ピリミジン系薬剤は勧められるか
その1

推奨グレードC1(行うことを考慮してもよいが,十分な科学的根拠がない)
乳癌患者に対する術後薬物療法として,UFTは手術単独よりも有効な可能性があり,治療選択肢として検討してもよい。

わが国では現在,乳癌に対して使用可能な経口フッ化ピリミジン系薬剤として,テガフールや日本で開発された薬剤であるUFT(テガフールとウラシルの合剤),フルオロウラシルの前駆体であるドキシフルリジン,さらに最近の薬剤であるカペシタビン,TS-1(テガフールとギメラシルとオテラシルカリウムの合剤)がある。乳癌術後薬物療法としての経口フッ化ピリミジンを検討する臨床試験が複数行われ,次第にその意義が明らかになりつつある。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

 とても身体が楽になりました。

 明日からはまた

 いつもの日常に戻ります。

 たくさんの皆様に

 ご心配をおかけし、

 たくさんの仲間たちに支えられ

 自分は再び健康な身体を

 取り戻すことができました。

 仲間は大切ですね。

 私はこれからも

 いつもあなたの不安を

 解決する存在として

 仲間として、

 ここにいようと思います。

 直接の主治医でなくても、

 お会いしたことがなくても、

 不安や疑問の解決を

 お手伝いできる存在。

 それが

 ソーシャルドクター。

 インターネットの世界で、

 ソーシャルネットワークを

 上手に利用して、

 できることがあるはず。

 救える命があるはず。

 そう考えて今も

 これからも

 活動を続けていきます。

 今、

 あなたに起こっている出来事の

 解決の糸口が見つからないあなた、

 心配がたくさんあるあなたは、

 こちらのお問い合わせからどうぞ。

 →→ http://blog.smile-again.net/soudan

 さらに毎日

 有意義な人生の送り方を

 メルマガでも

 お伝えしています。

 ご登録は無料です。
 毎日お届けしますね。
→→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/report01.htm

 いつも頑張ってるあなたの

 健康と安全をお祈りし、

 そして応援しています。

クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ