お願いします。

乳癌治療として補完・代替療法は勧められるか
その4

現在までのランダム化比較試験より容認される補完・代替療法(complementary and alternative medicine;CAM)としては,乳癌の肥満患者に対する脂肪摂取制限,化学療法中の悪心に対する鍼治療,内分泌療法によるホットフラッシュに対する鍼治療の効果,痛みや不安に対するマッサージ療法,適度な運動,サポートグループやリラクゼーションなどによる心理療法や心体介入などが挙げられる。また患者に害悪が及ぶ可能性があり避けるべきCAMとしては,高度の食事制限,化学療法や放射線療法中の抗酸化サプリメント(コエンザイムQ10など)摂取,乳癌患者のイソフラボンや大豆の高用量摂取,抗凝固療法中の鍼治療やマッサージ療法,化学療法中におけるある種の漢方やセイントジョーンズワートの摂取,高用量のビタミンAやビタミンC療法などが挙げられる。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

 週末の病院は

 患者様のところにお子様がお見舞いに来て

 とてもにぎやかな楽しい雰囲気になります。

 患者様のお子様にお会いしたときに

 一番嬉しいのは、

 私を見つけて手を振ってくれることです。

 お子様方は普通、

 白衣の先生を見ると逃げ出します。

 あるいは泣き出します。

 または固まります。

 でも私をみて手を振ってくれるのは、

 少なくとも医師や病院に悪い印象は

 持っていないということですものね。

 ありがとうございます。

 きっとお母様方が、

「先生はこわくないよ。」

 って言ってくださっているのですね。

 病院の待合室で、

 泣いているお子様に、お母様が

「もう!

 静かにしないと

 先生にお注射してもらうからね!」

 とおっしゃっているのを聞くと

 私はとっても寂しくなります。

 お子様が大きくなってからも

 病院を怖がらなくてすむように

 是非今から教えてあげてくださいね。

「病院はこわくないよ。」

 ってね。

「心配なときは、

 早めに病院にかかるんだよ。」

 ってね。

 お子様たちがこれからの時代をつくる

 大切な主人公なんですからね。

 続きはこちら→→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11285033116.html

 ブログで伝えられない特別な情報は
 メルマガからお伝えしています↓↓


reportbanner.png

 素敵な本のご紹介は
 こちら →→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11276536360.html

 今、あなたに起こっている出来事の

 解決の糸口が見つからないあなた、

 心配がたくさんあるあなたは、

 こちらのお問い合わせからどうぞ。

 →→ http://blog.smile-again.net/soudan

 いつも頑張ってるあなたの

 健康と安全をお祈りし、

 そして応援しています。

クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ