必ず来ます。

炎症性乳癌に対して集学的治療は勧められるか
その2

炎症性乳癌に対する集学的治療に外科療法を施行しないと局所再発率が増加するため,術前化学療法奏効例では,外科療法,特に乳房切除術が推奨される。また,集学的治療に乳房切除術を追加する意義は少ないとする意見もある。放射線療法は術後に実施されることが多く,局所コントロールを改善することが報告されている。術前化学療法中に病状が進行した場合は,局所コントロールを目的に乳房照射を検討する必要がある。また,ホルモン受容体陽性の患者には術後内分泌療法を追加すべきである。炎症性乳癌に対して大量化学療法も試みられてきたが,DFSやOSへの大きな改善は認められず,現時点では臨床試験以外で大量化学療法を施行すべきではない。以上より,炎症性乳癌に対しては,外科療法を先行すべきではなく,術前化学療法を施行したのち,外科療法および放射線療法を施行する集学的治療が推奨される。


”乳がん診療ガイドライン 2011” 日本乳癌学会
より抜粋引用、一部改変

 乳がん検診伝道師の

 外科医 高橋保正です。

 彼の笑顔が戻ってきました。

 ママが乳がんになったのを知って

「ママが死んじゃう。」

 いつも泣いていた男の子が、

 私の外来にママと一緒に

 にこにこ嬉しそうに来てくれたのです。

 子供たちはみんな、

 ママが大好きです。

 子供たちも

 ママと一緒に闘っています。

 お子様に病気のことを

 隠す必要はありません。

 真実をみんなで見つめながら、

 一緒にしあわせについて考え

 みんなで笑顔でいられる方法を

 見つけていけば良いのです。

 そのためには、

 確かに時間が必要です。

 でもいつか必ず、

 悲しみが喜びに変わり

 家族の絆はより確かなものに

 なっていくのです。

 理由が分からないと

 ひとは不安になります。

「なぜ、ママは以前のように

 笑ってくれないんだろう。」

「なぜ、ママは

 急にお話を聞いてくれなくなったんだろう。」

 もやもやした不安や不満が、

 家族から笑顔を奪います。

 つらいことやぶつかった壁は、

 ひとりで抱え込まず、

 一緒に家族で見つめましょう。

 やがてみんなで笑顔に戻れる日が

 必ず来ますからね。

 メルマガを御家族で
 ご覧下さっている方もいらっしゃいます↓↓


reportbanner.png

 素敵な本のご紹介は
 こちら →→ http://ameblo.jp/dr-yasuu/entry-11276536360.html

 今、あなたに起こっている出来事の

 解決の糸口が見つからないあなた、

 心配がたくさんあるあなたは、

 こちらのお問い合わせからどうぞ。

 →→ http://blog.smile-again.net/soudan

 いつも頑張ってるあなたの

 健康と安全をお祈りし、

 そして応援しています。

クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ