いっぱいいますよ。


-The abstract of my blog on 6th January,2012-

I am grateful for you to clicking a button to support my blog. My heart is always filled with a sense of appreciation. I started my blog in February 2008 for the purpose of dispelling your misunderstandings about breast cancer. Many patients are confused by information that is incorrect and makes them sad, and they often come to see me while crying so I thought I wanted to improve the situation when I started it. Many patients who have breast cancer open their blog to the public. Some of blogs are taken over by patients’ family after they passed away. Each blog must be each one’s treasure. And my blog is an important place where I can communicate with you so it’s my treasure, too. Visitors are more important than anything else for me. I’ll continue to update blog every day to send my messages that make you smile. 
(Translation supported by Mari Numata)

乳がんのダブリングタイム その3
ただし、このレベルでは臨床的な症状はまったくなく、顕微鏡レベルでの転移巣「がんの芽」ということです。手術後に再発・転移する例では、このような微小な転移巣が手術後数年のうちに大きくなり、肺や骨、肝臓などに遠隔転移(再発)という形で現れてくるわけです。従って、このような手術時に存在するかもしれない微小な転移巣(がんの芽)をやっつけておこうというのが、手術前後に行われる全身療法(薬物治療)なのです。この治療を初期治療といい、再発後に行われる治療(姑息治療)と区別されます。最近では乳がんに有効な薬剤が多く開発されて初期治療に用いられています。

”乳がん インフォームドコンセントガイド” 
編集 徳島大学名誉教授 森本忠興先生 
徳島大学教授 丹黒 章先生 
くにとみ外科胃腸科医院院長 岡崎邦泰先生
日本医事新報社
より抜粋引用、一部改変

新年のご挨拶はこちら。

→→http://blog.smile-again.net/?eid=1372029

Dr.Yasuuの市民公開講座のお知らせはここ。

→→http://blog.smile-again.net/?eid=1372023

今日はお昼に、

聖マリアンナ医科大学まで伺ってまいりました。

乳腺内分泌外科教授 津川浩一郎先生に年始のご挨拶です。

With Dr. Tsugawa 2012.1.7.jpg
素敵な噴水の前でおいしい中華をいただきました!

私たちの川崎幸(かわさきさいわい)病院

聖マリアンナ医科大学の乳がん学会認定関連施設に

させていただいております。

日頃の感謝の気持ちをお伝えしながら

私どもの乳腺診療のご報告をしてまいりました。

津川先生は暖かくとても笑顔の素敵な先生です。

乳がん診療に関しても

優しくご丁寧にご指導いただいております。

いつもお世話になっている先生に、

私たちの日々の診療や私の活動のご報告をさせていただく事は

この上ない喜びです。

お忙しい中、貴重なお時間をくださった津川先生に

深く感謝申し上げます。

私がこうして日々の活動を

皆様にご報告させていただける事もとても光栄です。

あなたにはたくさんの素敵な応援団がいることを

忘れないでね! 

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
→→人気ブログランキングへ

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

無料メールマガジンではさらに違った角度から

皆様へ人生の楽しみ方をお伝えしています(^_^)v

ブログやメールマガジン、Facebook、Twitterの舞台裏も

こっそりお伝えしていますから。

こちらからどうぞ。

→→ここをクリック

そして、Facebookでもお話しましょうね。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ