時の流れとともに。


-The abstract of my blog on 26th January,2012-

Yesterday, I met a nice fellow. Both of us graduated from the same high school. The days in which I studied hard with my company aiming at the same goal are my treasure that I want to cherish forever. Now, he works as a lawyer who has enthusiasm that he hope to support someone who are in need. “Hoping to support someone” sounds wonderful. Because no one can live alone. I think all of us are helping each other to make her or him smile and remove her or his sadness. Friends help each other. It’s very important for us to make each other’s life wonderful. People who always support us staying by our side are our treasure. And it’s good for us to cherish every encounter and establish good relationship that can help each other. Of course me and my company are ready to support you anytime. So you don’t need to feel fear.
(Translation supported by Mari Numata)

乳がんは遺伝するか その15
サーベイランス その1
予防的乳房切除術や予防的卵巣卵管切除術を受けない場合は、サーベイランス(定期的な精度の高い検診)を受けることになります。米国のNCCNでは、BRCAの変異を有することが分かっている人やその血縁者で遺伝子検査を受けていない人に対してガイドラインが出されています。乳がんに対しては、女性の場合18歳からの自己検診を始め、25歳から6ヶ月に1回の視触診を受け、25歳あるいはその家系で最も早く発症した年齢に基づいて、1年に1回のマンモグラフィーと乳房MRIを受けることを推奨しています。

”乳がん インフォームドコンセントガイド” 
編集 徳島大学名誉教授 森本忠興先生 
徳島大学教授 丹黒 章先生 
くにとみ外科胃腸科医院院長 岡崎邦泰先生
日本医事新報社
より抜粋引用、一部改変

自分に自信を持つということは、

とても大切なことです。

自分がおこなってきたこと、

自分が築き上げてきたもの。

それらに自信を持って行動することで、

たくさんの人々のこころを動かすことができます。

でも自信を持つことと、

思い上がることは異なります。

日本人は以前は謙虚さを美徳としてきました。

今は謙虚さだけだと物事は動かせません。

何も言わないことは決して美しいことではなく

何もしないこと、何もできないことと一緒なのです。

自分の信じた道は、

謙虚さを兼ね備えながらも

自信を持って進んで行くことが必要です。

静かにしていては、

あなたの気持ちは届きません。

きちんと仲間たちや、

主治医の先生に気持ちを届けましょう。

あなたの生き方に自信を持ってくださいね。

一生懸命頑張って来ているのですから、

胸をはって仲間たちや先生と会話してください。

遠慮することなく。

恐れることなく。

そして誇れる毎日を過ごしましょうね。

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
→→人気ブログランキングへ

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

無料メールマガジンではさらに違った角度から

皆様へ人生の楽しみ方をお伝えしています(^_^)v

ブログやメールマガジン、Facebook、Twitterの舞台裏も

こっそりお伝えしていますから。

こちらからどうぞ。

→→ここをクリック

そして、Facebookでもお話しましょうね。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ