まだまだ頑張ろうね! (*^_^*)

内分泌療法が必要な場合は その4
現在、第三世代のアロマターゼ阻害薬と言われる3剤(アナストロゾール、エキセメスタン、レトロゾール)があります。エキセメスタンはステロイド環を有し、アロマターゼを不可逆的に阻害する(ステロイド系、1型剤)とされ、アロマターゼ阻害が可逆的であるアナストロゾール、レトロゾール(非ステロイド系、2型剤)と区別されていますが、臨床効果に明らかな差はないとされています。


”乳がん インフォームドコンセントガイド” 
編集 徳島大学名誉教授 森本忠興先生 
徳島大学教授 丹黒 章先生 
くにとみ外科胃腸科医院院長 岡崎邦泰先生
日本医事新報社
より抜粋引用、一部改変

いつも強気な彼女が、

その日は私の目を見つめながらこう言いました。

「先生。絶対に見捨てないでね。」

50代で癌と診断され手術を受けた彼女は、

その後も再発と闘いながら、

決して弱気な発言はありませんでした。

副作用が出ても、

「全然つらくないと言えば嘘になるけど、頑張れます。」

転移による身体の痛みが出ても、

「我慢できなくはありません。痛くなったら先生お薬をお願いします。」

そんな感じでした。

やがて、抗がん剤の効果が消えたある日、

私は彼女にそっとお伝えしました。

「抗がん剤が効かなくなってしまいました。

効果のない抗がん剤を続けることは、

身体を痛めることにつながります。

抗がん剤は終わりにしましょうね。」

彼女は私にたずねました。

「私の命はあとどれぐらいですか?」

私は彼女の目をじっと見つめながら答えました。

「あとどれぐらいの命か、誰にも分からないんです。

今は、一瞬一瞬の時間を大切にして、

幸せな人生にする方法を一緒に考えましょう。」

「先生。絶対に見捨てないでね。」

と、いつもは強気な彼女が目を潤ませながら言いました。

「あなたをを見捨てるようなことはしません。

往診が必要な時には往診し、

入院が必要な時には快適な病院で治療を継続していきます。

様々な選択肢があります。

全てのご希望にお応えできるようにしていきます。

ずっとあなたを支えていきます。

だから安心してくださいね。」

次の瞬間、彼女はまた

元通りの笑顔に戻っていました。

ひとは様々な形で病気と向き合っていかなければなりません。

そしてドクターや医療従事者は、

あらゆる方法で患者様を、そして御家族を

支える方法を考え続けなければなりません。

見捨てるなんて絶対にあり得ません。

あなたも、

お身体を大切にして、毎日を充実させ、

一瞬一瞬を幸せに過ごせる方法を

御一緒に見つけていきましょうね。

今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

私が不安なあなたをサポートします。

ただいま乳癌検診の疑問にお答えする無料小冊子プレゼント中です。

ブログ4周年記念プレゼントはこちらから!

→→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/report01.htm

“Please don’t leave me alone, doctor.” One patient who always faces her disease bravely said so looking into my eyes. She was diagnosed with cancer in her 50s. She went through surgery and has been faced recurrence but she never makes complaints. One day, I told her calmly, “I hesitate to say this but you can’t get benefits anymore by continuing chemotherapy so let’s stop chemotherapy in order to reduce your pain.” Then she said, “How long can I expect to live?” I replied to her, “Nobody know the answer. So now, let’s think about how you spend your precious time well to make your life wonderful. I promise that I’ll never leave you alone and do my best to meet your needs so please don’t worry.” After hearing what I said, she smiled again as usual. People have to face their disease in any way and doctors and medical staff should always find ways to support patients and their families. I’ll never overlook patients being left alone. I hope all people will be able to find ways to spend their precious time happily. Let’s find the best way together. (Translation supported by Mari Numata)

昨日のブログで英語の勉強したい方はこちら

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

そして、Facebookでもお話しましょうね。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ