そしてまた、頑張っちゃったりして (*^_^*)

新しい治療法は その1
近年、乳がん領域の抗がん剤の開発が日進月歩で進んでいます。従来のアントラサイクリン系薬剤、タキサン系薬剤に加えて、日常診療ではピノレルビン、カペシタビン、S-1、CPT-11等が用いられていますが、それらに加えられるべく、次々と新規薬剤の適応申請や臨床試験が行われています。また、支持療法として催吐性化学療法による悪心・嘔吐のコントロールも進歩しています。


”乳がん インフォームドコンセントガイド” 
編集 徳島大学名誉教授 森本忠興先生 
徳島大学教授 丹黒 章先生 
くにとみ外科胃腸科医院院長 岡崎邦泰先生
日本医事新報社
より抜粋引用、一部改変

「やっぱり身体が痛くなると不安になりますよね。」

患者様の中には、腕の痛みや足の痛み、

関節痛や肋間痛、さらには腰痛など、

様々な症状で悩まれる方がいらっしゃいます。

通常であれば、

毎日ひとは何らかの身体の不具合を感じています。

腕が痛い、肩が痛い、身体が重い。

普段は、何気なくスルーしている症状でも、

乳がんの治療中の皆様は、

「再発のサインではないか?」

という不安に悩まされてしまいます。

特に天気の悪い時期の低気圧の影響や、

寒さによる知覚過敏の影響で、

痛みを感じやすい状態になっていると推測されます。

私は決して雨男ではないのですが、

外来を週2日、長時間にわたっておこなっていると、

患者様が来院時に雨に遭遇することもあります。

そんな時は一応、

「雨が降ってごめんね。」

ってお伝えします。

雨の時には、たくさんの方が

何らかの体調不良をおっしゃいます。

「今日は、みなさん身体が痛かったり

体調が悪いっておっしゃるから心配ないですよ。」

そう申し上げるようにしています。

そういう、

みんなが不安に思うことって

同じポイントであることが多いんですよね。

ご相談をたくさんお聞きしていると、

共通項がたくさん見えてきます。

そういった共通項を、

あなたにこれからもどんどん

お伝えしていきたいと思います。

クリックしてから、続きを読んでね。
今日もあなたの応援クリックが嬉しいです。
あなたのクリックが多くの皆様の笑顔につながります。
blogrank banar.gif

私が不安なあなたをサポートします。

ただいま乳癌検診の疑問にお答えする無料小冊子プレゼント中です。

ブログ4周年記念プレゼントはこちらから!

→→ https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/report01.htm

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ