今日は

妊娠期乳がんの

まとめです。


妊娠前期でも

進行度から

早期の治療開始が

望ましいと

考えられる場合には

胎児と母体の

それぞれの危険性と

利益を考慮して

使用薬剤も含め

慎重に治療方針を

決定すべきである。


妊娠期乳がんにたいし

手術をおこなう場合には

麻酔の安全性の観点から

妊娠中期までは

待つことが望ましいと

お伝えいたしました。

妊娠前期、

すなわち

4ヶ月までは

抗がん剤も含めて

手術治療も

待った方が安全です。

妊娠中期から後期では

手術や

抗がん剤治療を

慎重におこなうことが

可能となってきます。

いずれにしても

十分な注意は

必要です。

どのような治療が

必要なのか、

その安全性と危険性に

ついては

いつも主治医の先生と

一緒に考えて

いきましょうね(*^_^*)

【関連記事】

・乳がんと妊娠

・妊娠中の麻酔

・放射線治療と妊娠

・妊娠中の乳房切除術

・妊娠期乳がんのセンチネルリンパ節生検

・授乳期の乳がん手術

・妊娠中の抗がん剤治療

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan