乳がんの脳転移は

抗がん剤による

治療効果が

低いとされています。


乳癌は

原発巣から

所属リンパ節を超えて広がると

治癒は困難である。

転移巣の治療の目的は

治癒から緩和へと移行し

症状のコントロール、

QOLの改善、

生存の延長を目標に

おこなわれる。

脳転移に対する

薬物療法の効果は

非常に限定的であり

主に

放射線療法がおこなわれる。


脳転移を起こしても

すぐに症状が

出るわけでは

ありません。

小さな脳転移が

知らないうちに

少しずつ大きくなり

あるとき

突然のように

言葉がしゃべれなくなったり、

意識がもうろうと

してしまうことが

あるのです。

詳しく調べてみると

脳転移が

見つかったということは

しばしば

見受けられます。

だからといって

こまめに

脳転移のチェックを

おこなうことで

得られる恩恵も

少ないと

されています。

症状が出たら

脳転移を治療する。

それが

今の

乳がんの脳転移に対する

治療方針の基本と

なっています。

明日は

脳転移の治療成績を

お伝えしていきますね。

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan