脳転移が

あったとしても・・・。


転移性脳腫瘍の中で

乳癌は2番目に多い

癌腫である。

脳転移は

治療、

生体バリアの関係から

晩期に再発する部位としての

報告が増えている。

脳転移の予後は

きわめて不良で、

治療しない場合の

生存期間中央値は

1-2ヶ月であった。

全脳照射は

症状を軽減し

生存期間を4-6ヶ月延長するが、

症状は数ヶ月で戻り、

1年生存率は

20%以下である。


「予後不良」

という言葉は

患者様の不安を

強くします。

でも

現実のデータも

心にしまいながら

治療を

きちんと受けることが

大切です。

脳転移の治療を

しっかりと受けて

症状を抑えながら

自分らしく

輝き続けること。

そのために

諦めずに

可能な治療を

おこなっていきましょう。

そして

様々な症状を

緩和していく

治療を

同時進行で

おこなっていくのです。

あの手、この手。

様々な方法が

あることを

まず

知ることが重要です(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan