なかなか難しいよね。


-The abstract of my blog on 15th November-

Recently, I have a tendency to eat sweets and salty foods. I eat sweets after eating salty foods, and eat salty foods after eating sweets. Although I think I should stop eating them like that, I eat them against my will. I have two patterns, “a period of having a tendency to eat too much” and “a period of eating normally” in a year. Now is the former. I was fascinated by delicious looking foods which were given to doctors and staffs in my clinic. Yesterday, I couldn’t have lunch so I gave way to temptation. As you know, I’m weak-willed though I always say “I’m strong-willed.” But, actually, I am strong-willed though you might think I am trying to hide my weakness. I think it’s not bad to give way to temptation at times and also it’s good to have strong will at times. Because we are human!
(Translation supported by Mari Numata)

乳がんとは? 発生と進展 その6
「がんの芽」は長い時間をかけて大きくなっていくため、乳がんと診断された時点で乳房以外のところにも「がんの芽」があるかもしれないというのが、「乳がんは全身病」だとする考え方です。この考え方はフィッシャーという学者によって提唱された概念です。この考えが出てくる前に支持されていたのが、ハルステッドの「乳がんは局所病」とする概念です。

”乳がん インフォームドコンセントガイド” 
編集 徳島大学名誉教授 森本忠興先生 
徳島大学教授 丹黒 章先生 
くにとみ外科胃腸科医院院長 岡崎邦泰先生
日本医事新報社
より抜粋引用、一部改変

不安な気持ちを言葉にすると、不安は倍増します。

不安には、二種類あります。

答えがある不安と、

答えのない不安です。

答えがある不安。

それは、明確にお答えが準備できて、

そのお答えですっかりお気持ちが元気になるもの。

答えのない不安。

それは答えを聞いても、

次の不安が生まれてくるもの。

多くの皆様は、

答えのない不安で悩んでいます。

私も、少しでも

答えのないご不安にお答えできるように

皆様からお話を聞かせていただいています。

でも場合によっては、

最終的に時間の経過だけが解決してくれる

答えのないご不安に出会います。

そんな時は、

ひたすらご一緒に悩みます。

答えはないのですからね。

御一緒に悩むしかありません。

そう。悩んでいるあなたの、

そばにいることはできます。

考えてみれば、

世の中にある不安はきりがありません。

道を歩いていても、植木鉢が落ちてくるかもしれない。

電車に乗っていても、何かを投げ入れるひとがいるかもしれない。

家にいても、誰かが入ってくるかもしれない。

そういった不安は、

もちろん心の準備は必要ですが、

それにびくびくしていても仕方がありません。

とにかく、毎日を充実させるのが一番です。

あなたの不安。

御家族の不安。

みんなで楽しい時間を過ごすことが、

解決の第一歩かもしれませんね。

少し悩んだら、

少し楽しいことをしましょう。

気分転換をすると、

意外とあっさり答えが見つかることも

ありますからね。

でもやっぱり不安なこともあるよね。
ってクリックしてね!
→→人気ブログランキングへ

Facebookでは、
個人情報を厳重に管理しながら素敵なお写真をご紹介しています。

無料メールマガジンではさらに違った角度から

皆様へ人生の楽しみ方をお伝えしています(^_^)v

ブログやメールマガジン、Facebook、Twitterの舞台裏も

こっそりお伝えしていますから。

こちらからどうぞ。

→→ここをクリック

そして、Facebookでもお話しましょうね。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ