非浸潤がんとは

取り切れば

治る乳がんです。

でも

様々な理由で

非浸潤がんは

再発します。

例えば

見えない

取り残しがある場合や

検査で

気づかれない

浸潤部分が

あるときです。

非浸潤がんの

再発を防ぐために

私たちは

どのような知識を

持っていたら

良いのでしょうか?

非浸潤性乳管癌

(ductal carcinoma in situ;DCIS)

の予後は

極めて良好であるが

手術後の

浸潤癌局所再発を

起こした場合は

乳癌死のリスクが

増える。

それゆえ

初期治療における

局所コントロールが

非常に重要となる。

放射線療法は

DCISの

術後温存乳房内再発を

約半数に減少させる。


まずは

非浸潤がんに対する

乳房温存術後には

放射線治療は

大事な選択肢となります。

明日は

非浸潤がんに対する

ホルモン治療について

考えてみましょうね。

ホルモン治療に関する記事は

こちらです。

「タモキシフェン5年か10年か」

→ http://blog.smile-again.net/336

「なぜ卵巣の働きを抑えるの?」

→ http://blog.smile-again.net/337

「ホルモン治療の内服と注射について」

→ http://blog.smile-again.net/340

「抗がん剤で閉経」

→ http://blog.smile-again.net/342

「閉経前か閉経後か」

→ http://blog.smile-again.net/345

「タモキシフェンからアロマターゼ阻害薬へ」

→ http://blog.smile-again.net/346

「閉経の判断基準」

→ http://blog.smile-again.net/348

「閉経前乳癌へのアロマターゼ阻害薬」

→ http://blog.smile-again.net/351

「閉経期におけるアロマターゼ阻害薬」

→ http://blog.smile-again.net/352

「慌てないでアロマターゼ阻害薬」

→ http://blog.smile-again.net/353

「アロマターゼ阻害薬とタモキシフェン」

→ http://blog.smile-again.net/356

「アロマターゼ阻害薬へスイッチ」

→ http://blog.smile-again.net/357

「5年後のホルモン治療」

→ http://blog.smile-again.net/358

「閉経後ホルモン治療5年後の選択肢」

→ http://blog.smile-again.net/359

「アロマターゼ阻害薬、5年か10年か」

→ http://blog.smile-again.net/360

「どれがいい?アロマターゼ阻害薬。」

→ http://blog.smile-again.net/361

「アロマターゼ阻害薬のガイドライン」

→ http://blog.smile-again.net/362

「閉経後のタモキシフェン」

→ http://blog.smile-again.net/163

「閉経後にタモキシフェンを選ぶ理由」

→ http://blog.smile-again.net/164

「タモキシフェンはやっぱり10年」

→ http://blog.smile-again.net/165

「タモキシフェンとトレミフェン」

→ http://blog.smile-again.net/166

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan