マンモグラフィーの

被爆について考える

2日目です。

自然界には

たくさんの放射線が

飛び交っています。

施設により

違いはありますが

1回の

マンモグラフィーで

乳房に2-3mGy

の被爆が生じると

想定されます。

BRCA1/2遺伝子を持つ

乳癌のハイリスクグループを

対象とした

欧州の研究で

30歳以前に

検査による被爆を

17.4mGy以上

乳房に受けた群では

被爆のない群に対して

3.84倍

乳癌に

なりやすかったという

報告がある。

罹患率が極めて低い

29歳以下に対する

マンモグラフィ検診は

任意型検診でも

おこなうべきでないと

考えられる。


このように

年齢により

マンモグラフィーの頻度は

調整する必要が

ありそうですね。

心配だから

乳がん検診を

受けておけば安心、

ということではなく

必要な検査を

必要な回数だけ

おこなうのが

正しいのですね。

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan