そっと目を閉じて。


The abstract of my blog on 23rd June

“I’m worried about my children.” She, who is ill in bed in my hospital, is always anxious about her children waiting for her in their home. And she also said “I have to recover my illness as quick as possible and go back home for my children.” with a smile on her face in spite of not good condition. Her families must be missing her while she is in the hospital. It’s true. But there is one thing I can be sure. Her children understand their mother’s feelings and also know that she is always doing her best. So I always tell my patients like this, “Don’t worry. They are learning many things from you. And they’ll grow up into gentle and considerate persons. The day your children support you will come. So you need not worry.They must be sleeping dreaming of you now.” (Translation supported by Mari Numata)

欧米における乳房MRIのガイドライン
<欧州乳房画像診断学会ガイドライン>
<乳房MRIの適応 その25>
f. MRIスクリーニング その2
ハイリスク集団における乳がんの特異度は、MRIが81-99%, マンモグラフィーが93-99%であるが、これはMRIの検出率はより高いが、要生検率も高い(ほぼ2倍)ことを示しており、このことが残念ながらMRIスクリーニングの問題を複雑化している。
”これからの乳癌診療 2010-2011” 
監修 園尾博司先生 
金原出版株式会社
より抜粋引用、一部改変

「そろそろエネルギーが切れて来たかな?」

そう思ったときには、優しい曲を聴きます。

静かに、じっくりと、

自分の今まで歩いてきた道や、

これから歩いて行く道に思いを馳せながら、

そっと目を閉じて、

深い瞑想の中で音楽を聴きます。

そうすると不思議なことに、

身体の中に、

こころの中に、

パワーがみなぎってきます。

アイデアやわくわくした気持ちが、

あふれ出してきます。

エネルギーをたくさん充電して、

また明日も頑張ろう。

もうすぐ七夕ですね。

きっとあなたの夢も叶うはず。


もしよろしければ
今日も応援クリックをおねがいできますか?
あなたのクリックで
たくさんの仲間たちを笑顔にできるのです。
人気ブログランキングへ

神奈川乳がん市民フォーラムのお申し込みはこちらからお願いいたします。
元気の出る無料メールマガジンのご登録はこちら
別のページに飛びますのでびっくりせずに入力してくださいね。
毎日笑顔をプレゼントします!

そして、Facebookでもお話しましょうね。

Twitter参加で仲間を増やそう!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ