何歳から

マンモグラフィー検診を

受けるべきか。

毎年

様々なデータが

発表され

見つめなおされています。

マンモグラフィーを用いた

乳癌検診の

死亡率低減効果は

1963年に

ランダム化比較試験が

米国でおこなわれて以来、

欧米を中心に

検討されてきた。

その結果

50歳以上の年代においては

検診開始後

10年経過時点での

死亡率低減効果が

17-30パーセント程度

あることが

示された。

代表的な

8つの

ランダム化比較試験を

メタアナリシスした結果では

50-74歳に対する

死亡率低減効果は

22パーセントで

統計学的有意差を

認めた。

欧米では

閉経後の乳がん患者様が

多いことが

このような結果に

つながっているとも

考えられます。

毎年毎年

欧米からも

最新の報告が

届きます。

常に

最新のデータを

意識しながら

検診の必要性を

検討していく必要が

ありますね。

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan