近年、

40歳代に対する

定期的な

マンモグラフィー検診に対して

異論が唱えられる傾向に

あります。

その理由としては

被爆が多くなり

二次的に発生する

がんが

多くなるのではないか。

あるいは

検査の結果

「乳がんの疑い」

と言われることが

多い割には

発見される乳がんが

少ない。

そういった内容に

集約されます。

2009年

USPTF

米国予防医療サービス

専門作業部会

における

39-49歳の

マンモグラフィー検診の

推奨は「C」

にランクされた。

すなわち

「推奨しない。

 実施には

 個々人に対し

 考慮が必要。」

これを受け

2010年に

日本乳癌学会にて調査が

おこなわれた。

調査を施行した

5県における結果では

米国と比べ

検診の不利益は

小さいことが

報告された。

この結果より

日本乳癌検診学会は

欧米のデータによる判断を

そのまま日本に適用せず

当面現行の

推奨の継続が

妥当であるとしている。

わが国においては

40歳代後半に

乳癌罹患のピークが

あるため

40歳代の

マンモグラフィー検診の

相対的有用性は

高いものと思われる。


欧米と日本の

乳がんにかかりやすい

年齢は異なります。

その特徴を十分に

理解して

行動を決めなくては

いけません。

表面的な

データだけを

鵜呑みにして、

あなたが本当に

必要な行動を

間違っては

いけないのです(*^_^*)

(参考文献:乳癌診療ガイドライン2015)

メルマガにご登録されますと

私、高橋保正からの

応援メッセージを毎朝お届けします。

こちらからどうぞ↓↓


乳がん無料小冊子プレゼント

在宅ホスピス医のブログは

こちら

→ http://yasumasatakahashi.com

「末期がん」と言われてもあきらめないで

→ http://kanwa-care.com

ご相談はこちらから(*^_^*)

→ http://blog.smile-again.net/soudan